『チェンソーマン』レゼの正体は悪魔?復活したのか?

レゼはチェンソーマンに登場するキャラクターで、彼女は作中でも可愛く、魅力的で人気なキャラクターとなっています。

特にデンジとの恋は見どころです。

見た目は華奢で美しい美少女のような外見で、いつも頬が赤くなっています。

二道というカフェでアルバイトをしていて、デンジもレゼと付き合ったことがきっかけで、このカフェに通い始めます。

デンジとは恋人のような関係性でしたが、実はレゼがデンジと関わっているのにはある目的がありました。

今回の記事ではレゼの正体は悪魔か?や復活したのかどうかについて紹介していきます。

※【ネタバレ注意です。】

『チェンソーマン』レゼとは?

名前・レゼ

性別・女性

所属・ロシア

初登場・レゼ編

上記がレゼのプロフィールになります。

レゼはチェンソーマン【レゼ編】で登場するヒロイン的存在になります。

レゼ編ではデンジとレゼの関係が物語として展開されていきます。

デンジとレゼが電話ボックスで出会うところから関係がスタートします。

レゼはデンジを見て昔飼っていた犬を思い出し、笑顔でごましながらも泣いてしまいます。そんなレゼを慰めるために、

デンジは少し前に飲み込んだ花を吐き出して、レゼにプレゼントしました。

これがきっかけでデンジとレゼの交際が始まります。レゼは自分がアルバイトをしているカフェにデンジを誘ったり、

夜の学校を2人で探検したり等、徐々に2人の仲は深まっていきました。

『チェンソーマン』レゼの正体や能力について

少しずつ距離を縮め、デンジからの信頼を構築していったレゼでしたが、彼女がデンジに近づいたのは全く別の理由でして、

チェンソーの悪魔の心臓を持つデンジを殺すこと

彼をマキマの元から引き離すこと

これらがレゼの真の目的だったのです。

レゼとデンジの縁日でのデートの際、キスをしたと思わせて、レゼがデンジの舌を引きちぎった事から、その思惑が徐々に露わになっていきます。

レゼの正体

そして、レゼはロシアにて軍のモルモットとして育てられたこと、彼女の正体は爆弾の悪魔の魔人、通称ボムだという事が判明しました。

そして後々、デンジと戦います。

ボムの能力は爆発を自由に操る事が可能で、爆発を利用して高速移動したり、指を鳴らすと同時に遠くのものを爆発出来るという能力があります。

この能力を駆使して、デンジ達と戦いました。

『チェンソーマン』レゼは復活するのか?

レゼはデンジと戦って敗北します。その後に、マキマに襲撃され死亡します。ですが、物語の終盤で彼女は復活しました。

レゼは彼女を殺した張本人であるマキマの手下として、再び登場します。

支配の悪魔であるマキマは能力の1つに、自分よりも弱い格下の相手を思うがままに操れるという能力を持っています。

その能力によってレゼは操作されていました。結果的には敗北したレゼでしたが、その後のレゼは一体どうなったのか?不明となっています。

『チェンソーマン』レゼが可愛い!SNSの皆様の声を紹介!

ボム レゼ可愛いよね。


チェンソーマン5巻レゼちゃんが可愛いのでおすすめです。


全然関係ないけどチェンソーマン読みました レゼちゃん可愛い…


チェンソーマン レゼちゃん 可愛いし強いしで最高。


今週のチェンソーマン。 先週までの喧騒が嘘のように波打ち際のレゼちゃんが可愛い…。ビーム君も。

チェンソーマンはレゼって子がめちゃくちゃ可愛いのでレゼと再会して喫茶店でお茶する所までは読んで欲しい。


チェンソーマンのレゼはデンジ君のことが好きな可愛い女の子です。


チェンソーマンのレゼって子可愛いな。 昔Twitterに載ってた1話しか見たことがないんだ。


チェンソーマン5巻買ってきた! レゼちゃん可愛い!!! 笑顔がめちゃくちゃすき! あと体型がすき! 


チェンソーマン、レゼちゃんめっちゃ可愛いけど裏切りそうやから続きが見れないヨ!!!!

『チェンソーマン』最後にまとめ

デンジの恋人を装い、レゼの真の目的はデンジを抹殺する事でした。

という事は今までのデンジへの想いも演技だったのでしょうか。

流石に好きであれば、相手の舌を引きちぎったり、殺そうとはしないと思いますので、本心ではないと感じています。

ただ、チェンソーマンのレゼ編は大変面白く魅力的な作品となっていますので、

レゼ編を観る際は、ぜひ2人の関係について注目しながらご覧になってみて下さい。

それでは、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。

ABOUT US
Sho
こんにちは!Shoです。 趣味はゲームとブログ執筆、洋楽を聴くという完全インドア派です。 ブログ更新が習慣化になってきたので、更新頻度は上がるかと思います!o(`ω´ )o また、毎日SNSへのシェアやブログ記事をお読みいただき本当にありがとうございます。