「呪術廻戦」天内理子と五条悟は特別な関係性だった?2人の出会いは?

今回の記事では天内理子と五条悟の関係性、2人の出会いについて紹介していきます。

天内理子は五条悟の過去のエピソード「懐玉」編に登場した少女になります。

五条悟は夏油傑と供に天内理子を護衛する任務を請けておりまして、五条悟は天内の護衛人として関係が始まります。

五条悟と天内理子の出会い

五条悟と夏油傑は夜蛾正道の保護の任務を受けて、2人で天内理子がいるマンションに行きます。

そして2人がマンションに着いた時に天内理子は呪詛師集団「Q」から攻撃されました。

この時は呪詛師集団「Q」の中でも高い戦闘力がある「コークン」と「バイエル」が暗殺任務にあたっていました。

しかし五条悟、夏油傑と戦い敗北します。

これが五条悟と天内理子の出会いになります。

五条悟と天内理子の関係が進展

護衛任務の中で天内理子の保護者役の黒井美里が拉致されたのですが、五条悟は「天内理子がいるこっちが主導権を握っている」と言っていました。

その様子を見ていた天内理子は「黒井美里を巡っての取引の場には自分も行く」と言い出し、五条悟は止めようとしました。

ですが、天内理子の必死の訴えに、五条悟は「とりあえず天内理子も取引の場に連れて行く、

ただしそれにより黒井美里の生存率が下がるならやっぱり天内理子は置いていく」と言いました。

この事から少し五条悟と天内理子の関係が進展しているのが分かりますね。

後に沖縄にバカンスに行き、2人一緒になりナマコを手にとって爆笑するぐらい仲良くなってます。

五条悟と天内理子の関係性とは?

天内理子は伏黒のよって殺されてしまいます。

そして天内理子の死は五条悟と夏油傑の人生に影響を与えます。

五条悟と天内理子の間には特別な関係はなく、五条悟が覚醒した時、

(ごめん天内、俺は今オマエのために怒ってない誰も憎んじゃいない)

と言っています。

五条悟も伏黒の手によって死亡寸前の致命傷を受けており、そこからの復活でハイになり天内理子を殺された怒りも越えるほどの全能感を感じていたのです。

天内理子の死はどちらかといいますと夏油傑にとって非常に大きな出来事なり、闇堕ちの原因もこの天内理子の死がトリガーになりました。

最後に

今回は呪術廻戦の天内理子と五条悟の出会い、関係について紹介していきました。

呪術廻戦は基本的に戦闘メインの作品になっておりまして男女の関係が深まる描写やシーンはほとんど無いと言っても過言ではありません。

ですが、だからこそ五条悟と天内理子のこれまでの過程は興味を惹かれますよね。 

お忙しい中ここまでの一読、本当にありがとうございました。