「東京卍リベンジャーズ」黒い衝動…マイキーが闇堕ちした理由とは?

本作のメインのキャラクターとなっているマイキーは主人公がタイムリープした全ての未来で闇堕ちしてしまいます。

犯罪組織の頂点に立ち、自身の大切な人までその手で殺めたマイキーですが、なぜマイキーは闇堕ちしたのでしょうか?

今回の記事ではマイキーが闇堕ちした理由や闇堕ちする兆候を紹介していきます。

ネタバレ注意です。

『東卍リベ』マイキーが闇堕ちした理由とは?

結論からいいますと、マイキーが闇堕ちした理由は黒い衝動の影響になります。

23巻200話のマイキーのビデオレターにより黒い衝動の存在が明かされました。

黒い衝動というのはマイキーの中にある別人格のようなもので、マイキーは黒い衝動をコントロールすることが出来ません。

黒い衝動状態になると人を殺したくなったり、何かを破壊したくなるといった衝動に駆られるので非常に危険です。

マイキーが黒い衝動状態になると情けや容赦皆無で、簡単に人を殺してしまいます。

『東卍リベ』マイキーの黒い衝動を抑えていた人は誰?

マイキーの黒い衝動を抑えてくれていたのは佐野真一郎エマ場地圭介です。

実際にマイキー自身もタイムカプセルに入れたビデオレターで黒い衝動を抑えてくれた人は佐野真一郎、エマ、場地圭介と言っていました。

それと同時に、12年後の自分は周りを不幸にしているから絶対に近づくなと警告もしていました。

その警告は本当で、タケミチがフィリピンで対峙したマイキーは大切で親しい仲間たちに牙をむけていました。

そして2018年の現代でも日本最大の犯罪組織である梵天の首領を務めるマイキーは、いきなりタケミチに銃弾を浴びせて瀕死状態にさせます。

どの場面でもマイキーの近くには真一郎、エマ、場地がいませんでした。

ということは真一郎、エマ、場地の3人が死んでしまった場合、マイキーの黒い衝動を止める事はできない、、、という事になってしまいますよね。

個人的に気になっているのがドラケンの存在です。

ドラケンもかつてマイキーの「心」とされていましたよね。

ドラケンはマイキーの黒い衝動を抑えることができるのでは?と思う方もいらっしゃると思うので見ていきましょう。

『東卍リベ』ドラケンでもマイキーの黒い衝動は抑えられない!?

ドラケンがマイキーの黒い衝動を抑えられない理由を仮説にはなりますが、紹介していきます。

ドラケンがいた現代でマイキーは黒い衝動を抑えられず、ドラケンを殺害します。

真一郎やエマはマイキーにとって家族のような存在です。

となるとマイキーの黒い衝動を抑えるためには、仲間や絆、共同体意識のような感情が必要なのではないか?と考えています。

実際に真一郎やエマはマイキーの家族で兄妹、そして幼馴染の場地にも心から笑顔を見せて楽しんでおり、マイキーにとっては家族のような存在でしょう。

ではマイキーはドラケンに対して何とも思っていないのか?というとそういうわけではなく、ドラケンは副総長という立場がありますよね。

ですので、総長のマイキーも心の底から信頼、心を許すことが出来ず、仲間という感情が生まれにくいと考えております。

マイキーは「無敵のマイキー」と言われる通りマイキーは負けたことがなく、ゆえに孤独です。

そんな孤独感もマイキーが黒い衝動にむしばまれた理由の1つだったとしてもおかしくはないですよね。

『東卍リベ』マイキーが闇堕ちする兆しは?

どの現代でもマイキーは闇堕ち状態ですが、実は闇堕ちする兆しが多々、ありました。

マイキーは自分自身の心が黒い衝動に呑まれそうになった時に何度もタケミチに救いを求めていたのです。

以下が聖夜決戦後のマイキーの台詞です。

挫けそうな時、俺が俺でなくなりそうな時、俺を叱ってくれタケミっち兄貴のように

13巻109話より

マイキーは真一郎、場地と悲しむ暇もなく大切な人を沢山失いました。

このことによりマイキーは精神的に追い詰められていきます。

これは精神的に参ってしまってもしょうがないですよね。

そしてもう一つマイキーはビデオレターでタケミチに自分の黒い衝動について打ち明けます。

タケミっち約束してくれお前も、もう12年後の俺に近寄るな

23巻200話より

そして、マイキーには自分で制御できないもう一人の自分がおり、12年後の自分は周りの人々に危害を加えて不幸にしてしまうと明言していました。

SOSというかマイキーが闇堕ちする伏線や兆しが現れていたのでしょう。

恐らく、タケミチにマイキーの兄・真一郎が重なったのだと考えています。

『東卍リベ』マイキーはタケミチに黒い衝動を止めて欲しかったのか?

マイキーは自分の中の衝動をコントロールする事が出来ず闇堕ち、さらに現代で東卍の同メンバーを殺してしまいます。

そしてタケミチに訴えます。

なんで東卍のメンバーから出てったんだ?一緒にいて兄貴のように叱って欲しかった。

フィリピン編の14巻117話より

過去でもタケミチに対して自分の想いを打ち明けており、本当に自分の中の黒い衝動を止めて欲しかったことが分かります。

タケミっちは俺のヒーローだ

21巻188話より

この台詞はタケミチに訴えてるわけではないですが、マイキーらしくない発言に見えます。

マイキーがタケミチに助けてくれてと言ったのはタイムリープ9回目の現代になります。

その時のマイキーは梵天の頭領で、殺人や悪に手を染めることもいとわずタケミチに致命傷を負わせるなど、完全に変わり果てていました。

『東卍リベ』マイキー闇堕ちの状態・段階を紹介

闇堕ちの段階をまとめますと、

1回目は8・3抗争によるドラケンの死によって

2回目は血のハロウィンで羽宮一虎が場地圭介を殺し、我を失ったマイキーは一虎を殺害

3回目は紫八戒、黒龍が東卍に合流

4回目は関東事変の後、東卍がマイキー・稀咲・イザナによる極悪の愚連隊となる。

5回目が黒い衝動です。

次にマイキー闇堕ちの詳細について紹介します。

マイキー闇堕ち1回目について

※(現代)タイムリープ0回目〜(過去)4回目になります。

8・3抗争でドラケンが死んだことによってマイキーが1回目の闇堕ちを発動させます。

ドラケンはマイキーが誤った方向に行こうとしたときに彼を正すことが出来ます。

もちろん、マイキーを正す事が出来る人はかなり少ないです。

そんなドラケンを8・3抗争に乗じた東卍内部抗争で亡くしたことによりマイキーは闇堕ちの第一歩を踏み出します。

0回目から3回目の現代へのタイムリープでタケミチが目にする東卍のメンバー達は各々、

ドラケンの死が原因となってマイキーが闇堕ちしたことで結成された犯罪組織なのです。

タケミチは4回目のタイムリープで過去に戻った時に8・3抗争に参戦し、裏切り者のキヨマサにドラケンが殺害されるのを止めました。

ですが、ドラケンの命を救って塗り替えたはずの現代の東卍の組織は変わらず犯罪に手を染めてしまっていた。

マイキー闇堕ち2回目について

※(過去・現代)タイムリープ4回目になります。

マイキーが2回目の闇堕ちを発動してしまった理由はまだ定かではありませんが、稀咲が関係していると言われています。

8・3抗争でキヨマサを退け、ドラケンの生存を確認した段階でタケミチは現代に戻りました。

ですが、東卍内部が犯罪組織というのは変わらず、ヒナを目の前で殺されて命を救ったはずのドラケンは死刑囚になってしまいました。

そして、現代の東卍内部は稀咲が支配していて、稀咲自身が東卍組織の総長代理になっています。

どう考えても闇堕ちする前のマイキーであれば東卍を稀咲に支配させてしまうといった事は回避出来ますよね。

マイキー2回目の闇堕ちはドラケンの死とは無関係で別の原因がある可能性が極めて高いです。

(血のハロウィン)マイキー闇堕ち2回目について

※(過去)タイムリープ5回目〜(過去)6回目になります。

現代で死刑囚となったドラケンによりますと、マイキーの2回目の闇堕ちは、

血のハロウィン・羽宮一虎(はねみやかずとら)の場地圭介殺害が原因になります。

兄・真一郎の仇である一虎に場地を殺されたマイキーは、黒い衝動に包まれて一虎を殴り撲殺しました。

この文面だけ見れば黒い衝動の発動はマイキーの感情や仲間がトリガーになっていそうですよね。

血のハロウィンに介入したタケミチは結果として場地を救えませんでしたが、マイキーと一虎を和解させる事は出来たそうです。

マイキーが一虎を殺したことにより稀咲に東卍組織を支配されてしまうというケースを回避したかに思えましたが、

タケミチが現代で目にしたのはあまりにも残酷な光景でした。

マイキー闇堕ち3回目について

※(現代)タイムリープ6回目〜(過去)7回目になります。

タケミチ、現代へ6回目のタイムリープです。マイキー3回目の闇堕ちした理由は仲間を信用、信頼出来なくなったからです。

マイキーは稀咲と紫八戒率いる黒龍の生み出す金に狂わされて、仲間を信頼出来なくなりました。

マイキー闇堕ち4回目について

※(現代)タイムリープ7回目になります。

タイムリープ7回目の現代でタケミチは4回目の闇堕ちしたマイキーとフィリピンで会うのですが、

マイキー4回目の闇堕ちの原因はまだ分かっていません。

タケミチは7回目の過去へのタイムリープで黒龍を倒し、稀咲を東卍の組織から追放してマイキーが闇堕ちする(3回目)悪の根源を断ちました。

ですが、4回目の闇堕ちしたマイキーについてナオトの報告によると、

松野千冬を射殺し、

紫八戒を焼き殺し

三ツ谷隆を絞め殺し

ドラケンを斬り殺したみたいですね。

物語の主要メンバーを殺し、その中には一虎や稀咲までも、、、。

残酷すぎますね。

さらにマイキーはタケミチを殺そうとしましたが、ナオトがマイキーを銃殺してタケミチ殺害を阻止することが出来ました。

そしてタケミチは闇堕ちの原因を解明する事が出来ないまま過去に戻ったのです。

むしゃくしゃしますよね。むしゃくしゃしてこんな顔になりますよね?→(ㆀ˘・з・˘)、、、、、、、、はぁ?

(関東事変)闇堕ち4回目について

※(過去)タイムリープ8回目〜(過去)9回目になります。

タケミチが8回目のタイムリープ時です。

現代のマイキーはすでにフィリピンで亡くなっています。

現代の紫八戒より、マイキーの4回目の闇堕ちの原因は関東事変だと明かされました。

2006年の関東事変の結果、東卍チームと暴走族チーム・天笠が手を組み、トップがマイキー・ナンバー2が稀咲・ナンバー3が黒川イザナという最凶最悪の愚連隊が結成されました。

ですが、タケミチが関東事変に介入したことにより稀咲とイザナは死にます。

マイキーの妹であるエマも稀咲に殺されますが、タケミチが未来からやってきたことを知ったマイキーは東卍組織を解散したのです。

それは東卍の仲間やヒナを守りたかったからです。

(関東事変)闇堕ち5回目について

※(現代)タイムリープ9回目〜(過去)10回目になります。

タケミチが9回目のタイムリープ時です。

マイキー5回目の闇堕ちで、その原因をマイキー自身の口から黒い衝動のせいだと発言しました。

タケミチが関東事変に介入したことにより、稀咲とイザナは死亡しましたが、エマを失いました。

そして東卍組織も解散することになりました。

これでもうマイキーが闇堕ち(4回目)をすることはないと思えましたが、現代でマイキーは闇堕ち(5回目)をしてしまい、

日本最大の犯罪組織である梵天の頭領に君臨しました。

タケミチはそんなマイキーを救うために10回目のタイムリープをするのですが、 

タイムリープした10年前の2010年で、すでにマイキーの雰囲気から闇というか手遅れ感を感じました。

『東卍リベ』おまけ、闇堕ちマイキーはかっこいい!SNSの皆様の声を紹介!!

1番かっこいいのは東京卍リベンジャーズの闇落ちマイキーです!!

光の無い目がかっこいいですね


東リベかっこいいキャラ多いけど、闇落ちマイキーが
1番かっこいい!!!!


東リベ未履修だけど流れてきた闇落ちマイキーはかっこいいなと思った、多分見たら沼。


闇落ちマイキーめっちゃかっこいいビジュ良すぎ

闇落ちマイキー君めっちゃかっこいいんだが…


ネット漫画で東リべ読んだけどさ…
誰かマイキーを救ってやれよ…アニメから何まで闇堕ちじゃねぇか…
闇落ちマイキーもかっこいいし可愛い1面あるから好きやけど…


闇落ちマイキーが最高にかっこいい…眼福かぁ!!


闇落ちマイキーもめちゃくちゃ好きかっこいい…


どんだけマイキー闇落ちすんねん
かっこいいねんけど
見てて辛いわ
ハッピーエンドかと思ったら
苦痛まだ続く?
てかめっちゃうるっと来てすごい面白かった
東京卍リベンジャーズ。


闇落ちマイキーの髪型最高にかっこいい。


闇落ちマイキー好き!!いつもかっこいいけど今が1番かっこいい!!

『東卍リベ』最後に、、、、

今回の記事ではマイキーが闇堕ちした理由や闇堕ちする兆候を紹介しました。

個人的にマイキーは明るくて無邪気ですが、内面は真面目で自分で何でも背負いこむような人物だと思っています。

黒い衝動の力自体だけではなく、そんなマイキーの内面、精神状態も闇堕ちしてしまった原因としては有力だと考えています。

私もマイキーは報われてほしいと思っていますが、闇堕ちした原因はいくら他者がどこまで考えても他者の考えでしかありませんよね。

いつか本人の口から闇堕ちしてしまった本当の理由や気持ち、マイキー自身の本心をさらけ出して欲しいと思っています。

それでは、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。

ABOUT US
Sho
こんにちは!Shoです。 趣味はゲームとブログ執筆、洋楽を聴くという完全インドア派です。 ブログ更新が習慣化になってきたので、更新頻度は上がるかと思います!o(`ω´ )o また、毎日SNSへのシェアやブログ記事をお読みいただき本当にありがとうございます。