「精霊幻想記」アイシアの謎とは?戦闘能力も紹介!

アイシアは精霊幻想記で中盤に突然リオの前に登場しました。

本格的な登場は序盤を過ぎたあたりになるのですが、初登場自体は割と早かった印象です。

その登場シーンは実体ではなくリオの脳内での登場で、そのときはリオと繋がっていると言っていました

今回の記事ではアイシアの謎や戦闘能力について紹介していきます。

アイシアとは何者?

アイシアはリオと契約を結んだ人型の精霊になります

リオの脳内での登場が多く、原作4巻では実体の姿でリオの前に現れます。

アイシア本人は自らの存在理由をハルトのため(リオの前世の名前)と考えていて、作中でも何よりもリオの事を考えて動いています。

そして、契約を結んでおりリオの持つ記憶は全て共有しています。意思疎通を容易に行うシーンが多く、リオの相棒とも言えます。

精霊とは?

精霊幻想記において、精霊には「低位精霊、中位精霊、高位精霊」という格があり、

低位から中位に中位から高位へとなります。

この格が高くなるほどに我が強くなり、見た目も性格も人間に近づくそうです。

また、低位の精霊とは人間で言えば赤ん坊ですので、このあたりの記憶は残っていないのが普通ですよね。

アイシアは人型精霊で準高位ほどの格を持っていますので、中位精霊だったころの記憶があってしかるべきですが、記憶がないだけではなく、

我が薄く感情の起伏も乏しいため、とても幼い精霊に見えますよね。

ここもアイシアの謎の一つになります。

 

アイシアは強い?精霊術を扱える

アイシアは美少女ですので、ヒロイン的な扱いと思われそうですが、非常に強いです。

強い理由としましてはリオの中で眠っている間にリオの技を学習したからでは?というのが理由になっています。

接近戦ではリオと互角に渡り合えるほどの実力で、さらに精霊術を扱う事も可能です。

この精霊術には様々な系統が存在して、精霊によって得意・不得意といった系統が存在するのが一般的らしいですが、

アイシアは全ての系統が「得意」という異例の精霊みたいです。

精霊幻想記において、最強は今の所リオだと思いますが二番目は間違いなくアイシアでしょう。

下手したらリオを超えるかもっと言っても過言ではありません。

アイシアの謎について

アイシアはリオに関する記憶は全て知っていますが、一方で「アイシア自身に関する記憶」については不明です。

自分は何者なのか?いつリオと契約したのかも不明です。未だに多くの謎を持っています。

アイシアの正体について

アイシアの正体については上記でリオの精霊という事で紹介しましたが、彼女自身には非常に謎が多く、真の正体ついては全て不明です。

アイシアの初登場時ともいえるシーンはリオの脳内での登場になりますが、意味深な発言をしました。

(だって私に残された、たったひとつの・・・・)

ここで2人の会話は終わるので、この後のセリフは分かりませんが、この言葉からリオと何かしらの関係性を持っている事は分かると思います。

アイシアはリオのことを「春人」と呼んでいますので、アイシアは「リオ前世で関わりがあった人物」だと想像する事も可能ですよね。

アイシアとレイスについて

原作の14巻で、作中通して明確に敵として描かれているレイス。

ここでレイスから「自分が何者なのか、貴方はご存知なのですか?」と質問されます。

それに対してアイシアは、「そうゆう貴方こそ人間とは思えない。精霊寄りだが、魔物以上に恐ろしい」とレイスに言いました。

お互いに正体を探るようなやりとりがありました。その後はレイスが「死んだふり」をしてその場から逃げました。

なので正体については不明のまま、ストーリーが進みます。

この戦闘の後でアイシアはレイスに問われた「自分が何者なのか」という言葉を思い出し、心がざわついているシーンがありましたので、

レイスがアイシアの正体を解く鍵になるかもしれません。

現時点では「真の正体」は「不明」ですが、レイスと同時進行でアイシアの正体も明かされると考えております。

最後に

今回の記事では精霊幻想記に登場するアイシアの謎、戦闘能力について紹介してきました。

整理しますと、

アイシアの正体は「リオの精霊」ですが、それ以外はほとんど不明

アイシアの「真の正体」というべき部分については原作小説でも不明になっている。

とまとまりました。

ところどころでアイシアの正体について言及している箇所を見ると、「現世でリオと関わりがあった人物」「レイスと近い存在」と推測出来るかと思います。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。