『呪術廻戦』真人は死亡したのか?最後や声優さんは?

呪術廻戦に登場する呪霊の中でも真人は相当な強さがあるキャラクターです。

真人は何から、どこから生まれたのか?気になりますよね。

今回の記事では真人の死亡や声優さん、真人自身の事について紹介していきます。

※(ネタバレ注意です)。

『呪術廻戦』真人について

出典:https://video.unext.jp

名前・真人

性別・呪霊により性別不明

年齢・不明

誕生日・不明

身長・185cm(推定です)

体重・不明

術式・無為転変

領域展開・自閉円頓裹(じへいえんどんか)

等級・特級呪霊

所属・夏油たちと共に呪霊の世界を作るために活動している

声優さん・島崎信長(しまざき のぶなが)さん

初登場・原作16話

上記が真人のプロフィールになります。

外見はつぎはぎだらけの男性で、髪色は淡い灰色です。

顔はかっこいい方ですが、生粋の悪役という事もありファンからは嫌われているみたいです。

人が人を恐れて恨むという負の感情から誕生した呪霊です。

人間は嫌いなのですが、一定の理性もあり、ある特定の人間にのみ優しく手を差し伸べます。ですが、真人ですので、これも本心ではなく計算の内です。

呪霊は好き嫌いの例外はなく、全員家族だと思っています。ただ、夏油に対してどう思っているのかは詳しく分かりません。

『呪術廻戦』真人の性格は?

出典:https://twitter.com

誕生したばかりの呪霊という事もあってか、漏瑚や花御と比べますと、精神的に未熟なところが目立ちます。  

人の憎しみや恐れから誕生した呪霊らしい思想を持ち行動しています。

真人は魂に直接触れる事が可能で、(命に重さはなく、喜怒哀楽などの感情はすべて魂による代謝である)という持論を持っています。

この考えは夏油傑の持論である(魂は肉体、肉体は魂)と相反しますが、これについて真人は(術式が違えば、考え方もそれぞれ)と話しています。

自由奔放で自分勝手なイメージが強い真人ですが、自分と違う考えを何でもかんでも否定しない一面もあります。

また真人は、人間を遊び道具のように思っており、順平と出会ってから利用する過程まで、すべて楽しんでいるように感じました。

ですが、公式ノベライズによりますと、すべての人間を遊び道具だとは思っていないそうです。

『呪術廻戦』真人は死亡した?

出典:https://twitter.com

結論から言いますと、真人は死亡したと考えていいでしょう。

真人にとって虎杖や釘崎は彼の天敵と言える存在で、彼、彼女らに強い苦手意識があります。

宿儺の器としてではなく、虎杖自身も真人と相性が悪いです。それは虎杖自身が魂の形を理解しており、

その魂の形を知覚する事が出来る虎杖は真人の魂へ直接攻撃する事が出来るからです。

そして釘崎の場合は彼女の能力で、術式である共鳴りが真人からすると即死レベルの攻撃技だからです。

この共鳴りは相手の欠損した一部に呪力を打ち込こんで本体に攻撃が可能な術式となっていて、

渋谷事変で真人の分身と戦った釘崎はその真人の分身に術式・共鳴りを当てます。

真人の分身が受けた呪力は例外なく本物の真人に流れ込み、これにより真人は瀕死状態になります。

そして虎杖や釘崎との戦いに敗れた真人に追い討ちするかのように、偽夏油が真人を追い詰め、夏油の呪霊操術に取り込まれてしまいます。

これはもう死亡したと考えていいかと思います。

真人は復活する?

真人の復活に関してですが、その可能性はあると思いますが限りなく低いというのが所存です。

真人が復活するかどうかは、偽夏油が呪霊操術をどのように使っているのかによります。

基本的に呪霊操術は呪霊を生きたまま取り込む術式で、取り込まれても術者が死んだ時に解放され、復活する事が出来ます。

ですので、この段階だと真人は生存しているという事になるのですが、

偽夏油は渋谷事変で呪霊操術獄ノ番(うずまき)により真人から術式をすでに抽出していました。

普通に考えますと、術式を抽出された呪霊は消滅、つまり死ぬはずです。

また、真人を復活させる必要性はあるのでしょうか?真人は生前、虎杖の宿敵といった存在でしたが、渋谷事変でメッタ打ちにされ完全敗北しています。

もうここで潔く、真人は死んだとさせた方がしっくりくるのではないでしょうか。

まだまだ、呪術廻戦でも注目を浴びている敵キャラは多いですし、真人が復活する線は限りなく薄いと考えています。

『呪術廻戦』真人の能力について

出典:https://twitter.com

真人の能力は術式が無為転変で、領域展開は自閉円頓裹(じへいえんどんか)です。

真人は成長速度が速く、技の吸収も早いので作中でも呪霊として若い方なのですが、技の引き出しは多いです。

(真人の能力①)無為転変とは?

出典:https://twitter.com

無為転変とは相手の魂に触れる事で真人の思うがままに相手の魂の形を変える事が出来る術式になります。

この真人に魂を触られるという事は死を意味します。

呪術師でさえ、自身の魂を守るという行動をとらない限り、真人の術式を防ぐ事は出来ません。

さらに一度変えられてしまえば、元に戻る事はなく、死ぬだけです。

真人に魂の形を変えられた人々は一見、意思があるように見えますが、

その人々はしょせん改造人間でしかありませんし、一度そうなってしまった者は救う事も不可能です。

この無為転変の応用で、2つの魂を融合させた魂を多重魂といい、多重魂によって反発し合った魂の質量を撥体(ばったい)により上げて放つ事が出来ます。

反発が弱い魂同士を融合させた改造人間で瞬間的に大きな爆発を起こす事も可能で、多様な使い方が出来ます。

(真人の能力②)遍殺即霊体「へんさつそくれいたい」とは?

出典:https://twitter.com

遍殺即霊体(へんさつそくれいたい)は虎杖と東堂との戦いを経て真人が黒閃を理解し、魂の本質が剥き出しとなった怪物のような見た目が特徴的です。

真人は人型の呪霊でしたが、この偏殺即霊体により怪人の姿へと変わり、人型の時よりも何倍も強くなり、虎杖を苦しめました。

真人は人型以外の場合は無為転変を使えないのですが、この怪物の姿となっている時は使う事が出来ます。

(真人の能力③)自閉円頓裹「じへいえんどんか」とは?

出典:https://twitter.com

自閉円頓裹(じへいえんどんか)とは、人間の手が格子状となって相手を囲う領域展開になります。

真人の術式は本来ならば真人の手が相手の魂に触れることによって魂の形を変える事が出来るのですが、領域展開内では真人が直接触る必要はありません。

真人の術式が必中になるからです。なので真人の術式に触られてしまうと死です。

真人の領域内に入ってしまえば特殊な対策をしない限り、相手に勝ち目はなく、真人の勝利が確定したと言えるほどの状況になります。

真人の領域なので発動するタイミングは本人の自由です。

ですが、この領域を初めて七海に対して発動した際、そこに虎杖が乱入し、彼の中の両面宿儺の魂に触れて、彼の怒りを買ってしまいます。

『呪術廻戦』真人と順平の関係について

出典:https://twitter.com

呪術廻戦に登場する吉野順平という青年は呪いを視認する事が出来る才能があります。

長い前髪で右目は隠れていて、通学している学校ではいじめの対象にされていました。

真人と順平は小さな映画館で出会います。順平は繰り返し上映され誰も観ないような映画を観るために足を運びました。

その場所には順平をいじめていた奴らがおり、大きな声で騒ぎ、上映が開始されても騒ぎ立て迷惑行為をしていました。

順平はそんな迷惑極まりない行為を止めたかったですが、報復を恐れ、行動に移す勇気がありませんでした。

そんな時に、真人が現れ(マナーは守らなくちゃ)と言って彼らの魂を変形させ、何事もなかったかのようにいじめっ子たちは映画館から出ていきます。

なぜ映画館に真人が現れたのか?偶然か?意図的か?詳しい事は分かりませんが、結果的に順平は真人に救われます。

そしてその後、真人は順平に毒を操る術を教えますが、これも順平を利用するためでしかないです。

どこまでも生粋の悪という期待を裏切らないキャラクターです。

順平は、自分の考えを尊重し、自分の思いを実現してくれる真人を信頼するようになっていきます。

ですが、結局のところ真人は呪霊ですので、虎杖との戦いで順平を捨て駒としてかなり使えると考えた真人はあっさりと順平の魂に触ります。

真人によって順平は改造人間と化しますが、真人にとっては最初から死のうが、死なないが関係のない存在だったのです。

『呪術廻戦』真人の声優さんは?

出典:https://twitter.com

真人の声は島崎信長(しまざき のぶなが)さんが担当しています。

生年月日・1988年12月6日

出身・宮城県

所属事務所・青ニプロダクション

他にも島崎信長さんが出演している作品は、

Free!七瀬遥役

出典:https://twitter.com

ハイキュー!!・角名倫太郎役

出典:https://twitter.com

斉木楠雄のΨ難・海藤瞬役

出典:https://twitter.com

などに出演し、さらにあの有名な君の名は。にも出演され、ご活躍されています。

『呪術廻戦』真人の名言を紹介!

人々は、大地を、森を、海を恐れてきた。

それらに向けられた呪力は、大き過ぎるゆえに、形を得る前に知恵を付け、今まで息をひそめていたんだ。

みんな誇らしい俺の仲間さ

俺は、人が人を憎み、恐れた腹から、生まれた呪いだよ

呪術廻戦9話より


みんな言葉選びが好きなのさ。なぜなら人間は、言い訳をしないと生きていけないからね。

人は目に見えないものを特別に考えすぎる。

見える俺にとって、魂は肉体と同じで、何も特別じゃない。ただそこにあるだけだ

無関心という理想にとらわれてはいけないよ。生き様に一貫性なんて必要ない。

呪術廻戦10話より


身代わりを作る隙が無い。ああ、なんて、、、なんて新鮮なインスピレーション! これが死か!?

今はただ、君に感謝を

呪術廻戦13話より

『呪術廻戦』真人はかっこいい!SNSの皆様の声を紹介!!

呪術廻戦全然知らないけど見た目だけなら真人って人が一番かっこいいな。


呪術廻戦の映画観に行く流れになったからTVシリーズ見始めました!

真人かっこいいと思ったけど中々にヤバいキャラ。

呪術廻戦のキャラクターやっと覚えた五条先生も好きだけど真人かっこいい。


呪術廻戦今日も真人がかっこいいし、かわいかった優勝。


子供と一緒に呪術廻戦観てる!

真人かっこいい

ちょこちょこネトフリで観てくわ。

呪術廻戦の五条悟とアニメ9話出てきた真人っていう敵キャラかっこいいねw とにかく声が良い(・∀・)


呪術廻戦始まっちゃった……オープニングからやばい、真人かっこいい…………


ちょっと気が狂ったから呪術廻戦見ながら髪染めようかな ちなみに真人出てきたかっこいい 今のところ好き。


呪術廻戦さ、敵キャラなら真人が好きかも かっこいいよね。


本日呪術廻戦観た笑 自閉円頓裹キター!!笑 やっぱり真人かっこいい

『呪術廻戦』最後にまとめ

出典:https://twitter.com

今回の記事では真人の死や声優さん等について紹介しました。

真人は人の恨みから生まれた呪霊で、人間を嫌い、人間を遊び道具とし、快楽として利用していました。

順平が利用された時は、順平だけでなく虎杖の心にも深い傷が残りました。

人間全員を殺す!という過激な思想は持っていませんが、自由奔放で快楽主義だからこそ危険極まりない存在です。

そんなやりたい放題な真人でしたが、最後は偽夏油傑に取り込まれ、抽出されました。

偽夏油は発展途中であった真人の力を完成形へとするべく、経過を観察し、取り込んだのです。

利用するだけ利用し、最期は始末されました。

真人も順平を駒として利用するだけ利用しましたよね。

自分がやった事は自分に返ってくるとはこの事です。

真人の最期はあっさりでしだが、ファンに強いインパクトを残したキャラクターなのは間違いないです。

本記事で、真人が気になった方はぜひ!呪術廻戦をご覧になってみて下さい。

それでは、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。

ABOUT US
Sho
こんにちは!Shoです。 趣味はゲームとブログ執筆、洋楽を聴くという完全インドア派です。 ブログ更新が習慣化になってきたので、更新頻度は上がるかと思います!o(`ω´ )o また、毎日SNSへのシェアやブログ記事をお読みいただき本当にありがとうございます。