『スパイファミリー』アーニャの超能力とは?正体や声優さんは?

アーニャの正体は人の心を読む事が出来る超能力ということは冒頭で明らかになっていますよね。

アーニャはそれでもまだまだ謎が多いキャラクターです。

今回の記事ではアーニャの超能力、正体や声優さんについて紹介していきます。

※(ネタバレ注意です)

『スパイファミリー』アーニャとは?

名前・アーニャ・フォージャー

年齢・4〜5歳(自称6歳ということにして小学校に通っています)

身長・99.5cm

能力・人の心を読む事が可能

性格・好奇心旺盛、めっちゃ元気

口癖・返事ではうぃ、心の中ではわくわく

好物・ピーナッツ

嫌いなこと・勉強、ニンジン

上記がアーニャのプロフィールになります。

アーニャは本当に好奇心旺盛で、興味を持ったことは心の中でわくわくといってしまうほど感情も豊かです。

最初にロイド(黄昏)と出会った時は、心を読みクロスワードパズルを解いたりして頭が良さそうな雰囲気をかもし出していました。

ですが、その能力に頼った結果、自力では勉強が出来ず、成績も悪いです。

あとはかなりドジです。ダメダメですが、アーニャだからこそ、この欠点も魅力的でファンもドジっ子なアーニャを憎めず、可愛いと思っています。

このアーニャの可愛さだけでもスパイファミリーは観る価値がありますよね。

『スパイファミリー』アーニャの超能力とは?

アーニャは過去に大人たちに実験された事により人の心を読む事ができる超能力を手にします。

読心術といってもいいでしょう。

なので、アーニャは父であるロイド(黄昏)の正体がスパイである事や母であるヨル(いばら姫)が殺し屋である事は既に分かっています。

2人の正体を知っていても、アーニャはロイドとヨルのことを本当の両親のように思い、大切な家族として接しています。

ロイドとヨルはアーニャが超能力を使える事は知りませんので、普通の可愛い子どもだと思っているはずです。

どのような展開でどのような場面でロイドとヨルが知るのかも注目ですね。

『スパイファミリー』アーニャの能力の欠点

アーニャは人の心を読めるという能力を持っていますが、同時にデメリットもあります。

欠点は2つあります。

特に1つ目は非常に不便です。

人が多い所では体調を崩してしまう

アーニャの超能力は一人だけではなく、複数の心の声を読む事が出来てしまうので、

一瞬の間に大量の情報が頭に流れ込み、脳が処理しきれずパンクしてしまいます。

実際に倒れそうになったり、鼻血も出ていたりと具合が悪くなっています。

様々な人の声が一気に頭に流れ込んできたら、脳に高負担がかかるのは間違いないですよね。

もし人混みほどではなくても、複数人が居る場所で体調が悪くなったら、不便で仕方ないですね。

月に1度訪れる新月の日は超能力が使用不可

アーニャは月に1度訪れる新月の日には超能力が使用不可になります。

ですので、人の声を読む事も出来なくなります。

これはアーニャの最大の弱点と言ってもいいですし、この性質を敵に利用される可能性が高いです。 

新月とは地球から見て月が見えない状態の事を指します。

ちょうど新月の日にアーニャは中間テストの予定でした。

超能力で人の心を読み、回答をカンニングしてテストに臨もうとしましたが、新月の日は超能力が使えないという事を思い出して焦っていました。

ファンの間では、その時の焦っているアーニャも可愛いとの評判です。

ちなみに、中間テストの結果は228人中、213位で下から数えて15番目という順位で、学力に関しては絶望的でした。

ただ、赤点はとらずに済んだそうです。

普段から成績が良くないアーニャが赤点を取り続けてしまったら最悪の場合、【雷(トニト)】を取ってしまい落第する可能性も大いにあり得ます。

ちなみに、エクリプスはギリシャ語で(姿を消す、力を失う)を意味しています。

月と超能力の関係性新月の日に超能力が使えない理由などは現時点では不明ですが、今後ストーリーが進むにつれて明らかになると思いますので、楽しみです。

『スパイファミリー』アーニャの正体とは?

アーニャの正体は被験体007で、組織からもその名で呼ばれています。

無理やり勉強をさせられ、束縛されることに耐えられず、施設を飛び出します。

アーニャは面倒事を避けるため、自分の超能力を誰にも教えず、ずっと隠していました。

ロイドはアーニャのことを普通の孤児だと思い、ヨルはアーニャのことをロイドの実の子供だと思っていますので、

人の心を読める超能力を持っている事を知らないどころか、予想すらしていないはずです。

なぜアーニャが超能力を隠しているのかといいますと、自分が超能力の持ち主だと気付かれたらまた捨てられてしまう組織に狙われる可能性が高くなるからです。

アーニャにとってロイドとヨルは本当に家族のような存在で、そんな安心出来る居場所をもう失うわけにはいきません。

本当の家族ではなくても、アーニャにとっては大切な存在なのです。

アーニャ以外に被験者はいる?

アーニャの能力は実験によって偶然生み出されたこと、そして007という数字から考えてほかに被験者がいると思います。

アーニャが被験者007なので、被験者001〜006もいるはずです。であれば今後、どの様に登場してくるのか見ものです。

後にペットとして飼うことになる犬のボンドは未来を予知する超能力があります。

ちなみに、ボンドは(プロジェクトアップル)の被験体になります。プロジェクトアップルの目的は、軍事目的のために高IQの動物を生み出すための研究で、

おそらく、アーニャも同じ組織の実験体になったのではないかと考えています。

プロジェクトアップルと超能力者を生み出した謎の組織が気になりますね。

そしてまだ確信はないですが、アーニャ以外の被験者たちも今後のスパイファミリーに深く関わりそうですよね。

『スパイファミリー』アーニャの声優さんは?

スパイファミリーのアーニャが人気になった理由は顔や仕草だけでなく、アーニャのその声も人気の1つです。

そんなアーニャの声を担当する声優さんは種崎敦美さんになります。

ファンの間でも評判となっており、こんなに声を好きになれたの初めてやアーニャの声は種崎さん以外ありえない。

アーニャの声好き!まじ神声優!

アーニャの声優さんの表現力、凄くて尊敬する。

と種崎さんは沢山の方に賞賛されています。

他にも種崎さんは、

作品名・担当キャラ

鬼滅の刃・雛鶴(ひなつる)

魔法使いの嫁・羽鳥智世

この音止まれ!・凰月さとわ

ドラゴンクエスト ダイの冒険・ダイ

響け!ユーフォニアム・鎧塚みぞれ

などに出演し、各キャラを担当しています。

『スパイファミリー』アーニャが今後、死亡する可能性は?

アーニャは超能力が一切使えない新月の日に敵に狙われる危険性があります。

ですが、今後の物語の展開としてもアーニャが死ぬ可能性は、ほぼないでしょう。

アーニャが死ぬという事自体、ストーリーの路線から外れる事だと考えています。

アーニャがいなければ、ロイドの本来の任務である【オペレーション梟(ストリクス)】は成立しないですし、

アーニャがいなくなった、フォージャー家が想像出来ません。

正直、自分で見出しを作っておいてなんですが、アーニャが死ぬ可能性を考える事自体、不毛なレベルであり得ないと思っています。

ただ、1つ気になる事があります。それはアーニャが居た研究所でアーニャが被験体007と呼ばれていた事です。

という事は他の被験体もいるはずですが、誰も物語に登場していません。

今後、他の被験体が登場する可能性はあると思いますが、もしかすると何らかの理由で被験体の寿命は短く既に死亡しているならば、

アーニャの命も危ういです。

ですが、それでもアーニャはエンディングまで生き残りそうな元気と生命力にあふれています。

『スパイファミリー』アーニャの過去とは?

アーニャの過去についてはほとんど不明となっています。アーニャを超能力者にした組織や正確な年齢や両親も現在、分かっていません。

現時点では、4回里子に出されては戻され、施設を2回ほど移された事が判明しています。

アーニャはドジで決して賢いとは言えませんが、悪い子ではないです。

人に気遣いも出来て、居るだけで可愛く微笑ましい存在です。

実際に名門イーデン校の入学試験で、折から猛牛をヨルが軽々と倒した時も、アーニャは怯えていた牛に対し優しい言葉をかけていました。

テストの時は、自分の周りにいた生徒の心を読んでテストに臨もうとしますが、周りの生徒達も答えが分からず、

その際はロイドと勉強したことを思い出して超能力に頼らず自分の力で、テストを解いていました。

ただ、4回どこかの家族に迎え入れられては、もう一度施設に戻された理由が気になりますよね。

ロイドど会った際も、施設の方から(うちで1番賢いけど、気味が悪いから引き取ってほしい)と言われています。

アーニャに関してはまだまだ不明な事が多いですが、物語の内容から推測できる点がありますので、あくまで私の考えですが、紹介していきます。

アーニャは古文が得意!?

アーニャは勉強が大の苦手で、点数はほとんど10点や20点で、それが当たり前でした。

ですが、そんなアーニャでも古文のテストの成績は悪くありませんでした。

テストの点数自体は41点で低いですが、ロイドいわくスペルミスさえなければ高得点を取れていたそうです。

他の科目は絶望的なのに、古語のテストがずば抜けているのは少し疑問に思います。

勉強が大の苦手なアーニャが、とっつきにくい古語だけ勉強したとは考えにくいですし、

心を読んでカンニングしていたとしても他の科目より点数が高いのは違和感です。

となると、アーニャの故郷では古語が公用語だったと考えられるのではないでしょうか?

アーニャの年齢は4〜5歳くらいで、字も汚く読みづらいです。

なので、あまり文字を書く事に慣れておらず、 古語のテストでスペルを間違えたのかもしれないです。

『スパイファミリー』アーニャの母親について

アーニャの本当の母親はまだ明らかになってはいませんが、母親の事を覚えていそうなシーンがあります。

それは、父、ロイドと母、ヨルとアーニャの3人で入学のために面接に行った時なのですが、

面接官の1人であるマードック・スワンは、自分が過去に妻から離婚をつき付けられたことを根に持っており面接に来た夫婦に対して、不快な質問ばかりする人間です。

アーニャはお父さんとお母さんに点数をつけるとしたら何点かな?と聞かれた際、本心から100満点です。父も母も面白くて大好きです。ずっと一緒がいいです。

と答えています。

この返答は、スパイであるロイドの心にも響きました。

ここで面接官であるマードック・スワンはアーニャに対してもう一つ質問します。

今のママと前のママ、どっちが高得点だ?

この質問に対し、アーニャはママ、、、、とつぶやき涙を流します。この涙の理由は本当の母親を思い出したからだと考えています。

まだ詳細は分かりませんが、アーニャが本当の母親を覚えている事は間違いないです。

ただ、涙を流したという事はアーニャにとって本当に忘れられない母親だったのだと思います。

ほとんどの漫画には過去編がありますので、アーニャの実の母親や超能力についての詳細など、

徐々に明らかになると思いますので、楽しみですね。

『スパイファミリー』アーニャとダミアンの関係について

アーニャの同級生にダミアンという男の子がいるのですが、常に取り巻きが2人いて、

いじめっ子グループのボス的存在です。

ダミアンはアーニャの事を貧乏と小馬鹿にし、何度もアーニにいたずらします。

最初は我慢していましたが、流石に心優しいアーニャも我慢が限界に達し、ダミアンを思いっきりぶん殴ります。

そしてダミアンは何故か殴られてから、アーニャの事を異性として見るようになりました、

ダミアンはプライドが高く、人を見下していますが、実力や成績があれば、悔しくてもしっかり相手を認めます。潔いです。

なので、アーニャが人助けをして学年で初めてステラを取った際も心の中では素直に認めています。

ただ、アーニャを目の前にすると照れてしまい小馬鹿にするような態度をとるというツンデレっぷりです。そのため、アーニャからは印象最悪です。

普通にじなん(ダミアンのこと)をクソ野郎と言っていました。

ダミアンの父親はロイドの計画の重要人物なので、家族ぐるみで接触を試みるために何とか友達として距離を縮めようとしているみたいです。

『スパイファミリー』アーニャの名言を紹介!

フッ

スパイファミリー8話で、ダミアンたちにさんざん馬鹿にされたアーニャですが、ヨルから教わった通り笑って流そうとした時に発した名言です。

これは笑って流すというより逆に煽ってる感満載なので、予想通りダミアンはぶちギレます。

じなんはそんなことしない

スパイファミリー28話にて、ジョージに殴られたという嘘の報告をされたダミアンをかばった時にアーニャが発した名言です。

アーニャがマジになっているシーンで、この名言を繰り出している時のシリアスな目が、どこかロイドやヨルを彷彿(ほうふつ)とさせます。

希望を届ける光の矢(らいじんぐほーぷ)

スパイファミリー54話にて、アーニャが落ちていたヨルの武器を渡すために甲板に投げた場面で、ここだけを見るとアーニャが、とてもかっこいいですよね。

かっこいいセリフとともに武器は投げられますが、全然違う場所に落ちます

ただ、これが結果的にオルカ達を救って、ヨルを助けることに繋がりました。

じなん、アーニャのはんかちかしてやる

スパイファミリー61話にて、シュラーク先生の持ち物検査でダミアンはハンカチを忘れてしまいます。

そんなダミアンにアーニャがハンカチを渡す際のセリフになります。アーニャの優しさがあふれているシーンです。

ただ、予備のハンカチは持っていなかったので、トニトを獲得しました。

『スパイファミリー』アーニャが可愛い!SNSの皆様の声を紹介!!

アーニャは健気で楽しそうで実に我が娘っぽくて可愛い。


アーニャ可愛い!来月楽しみ。


アーニャの色彩は本当に可愛い。


アーニャのピースめっちゃ可愛い。


前期はアーニャが可愛くて今期は八重花が可愛くて来期はまたアーニャが可愛いのか、、幼女かわいすぎて困るな、、

SPY×FAMILY 4話までみた。 面白い! アーニャ可愛い!


SPY×FAMILYのことは知らないのにアタック西本のアーニャは知ってる アーニャ可愛い。


ロイドみたいなお父さん、ヨルさんみたいなお母さん、いいなぁ憧れる アーニャ可愛いし。


40歳のおじさん、SPY×FAMILYにどっぷりハマってます笑 アーニャ可愛いし。 原作マンガも読み始めたわ。

 今更ながらですが、ネイルしながらSPY×FAMILY初めて見てます。 アーニャしか知らなかったけどみんな可愛い(笑)


アーニャ本当に可愛い!アーニャになりたい。

『スパイファミリー』最後にまとめ

今回の記事ではアーニャの超能力や正体、声優さん等について紹介しました。

アーニャは謎の組織の実験により、偶然他人の心を読む超能力に目覚めます。

人が混んでいる場所だと、たくさんの人の声が頭の中に流れ込み具合が悪くなってしまいます。

超能力の欠点としては新月の日は超能力が一切使えません。

ですが、基本的には人に危害を加えず、ロイドの任務や今の家族を守るために、ひたむきに精進しています。

普通なら成績の悪さやドジなところはマイナスですが、アーニャだと魅力になりますよね。

ただ、アーニャだからという理由だけではなく、自分の力で問題を解こうとしたりなど、勉強が苦手ながらも頑張っている姿が魅力的なのです。

可愛さで全て許されるわけではありません。

アーニャはロイドがスパイである事や、ヨルが殺し屋であることを知っていますが、

逆にアーニャが超能力を持っている事がバレる日はくるのでしょうか?また、そうであればいつバレるのか?今後に注目です。

それでは、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。

ABOUT US
Sho
こんにちは!Shoです。 趣味はゲームとブログ執筆、洋楽を聴くという完全インドア派です。 ブログ更新が習慣化になってきたので、更新頻度は上がるかと思います!o(`ω´ )o また、毎日SNSへのシェアやブログ記事をお読みいただき本当にありがとうございます。