「呪術廻戦」120話と七海建人の死亡ついて(ネタバレ注意)

今回の記事では呪術廻戦の120話、七海建人の死亡について紹介していきます。

七海が死に、虎杖と真人の戦闘が始まります。

「呪術廻戦」120話について

ようやく主導権が宿儺から虎杖に戻り、宿儺は「小僧」「せいぜい噛み締めろ」と言い放ちます。

虎杖の頭に宿儺がやった記憶が流れ込みます。そして虎杖は嘔吐してしまいます。

おじいちゃんの「オマエは大勢に囲まれて人を助けろ」という言葉を思い出しながら、涙を流しながら「死ねよ」「死ね、今」と想いをぶつけました。

「呪術廻戦」七海建人の死亡について

渋谷の地下を瀕死状態の七海が歩き証明写真ボックスを通り過ぎます。

その中には真人が潜んでいました。

そして七海の前に大量の呪いが出現します。

七海は「マレーシア、そうだなマレーシア、クァンタンがいい」や「なんでもない海辺に家を建てよう」等と考えなから、呪いと戦っていきます。

そこに真人が現れます。

「ちょっとお話するかい?」「君には何度か付き合ってもらったし」と七海に伝えます。

「灰原、私は結局何がしたかったんだろうな」「逃げて逃げたくせにやり甲斐なんて曖昧なる理由で戻ってきて」と七海は考えていました。

七海は「駄目だ灰原」「それは違う」「言ってはいけない」「それは彼にとって呪いになる」と考えました。

するとそこに虎杖が到着。

七海は虎杖に「後は頼みます」と言い、

そして、真人の無為転変により七海は殺害されてしまいました。

七海が真人により殺害され、展開は真人と虎杖の戦闘に、、、、、、、、、。

「呪術廻戦」120話について皆様の声

最新120話 はぁ、ツラすぎる…。


呪術廻戦 120話 ナナミンも虎杖も辛い展開で泣いた真人はこれからどうするんだろう。


『呪術廻戦』120話「渋谷事変㊳」のネタバレ感想更新しました!
地獄だ地獄だ地獄だ~~~。ナナミン…つらい
おれはもう耐えられないのであとは頼みます。

呪術廻戦120話の早バレ見かけちゃったけどやべえ。


呪術廻戦120話すごいな…
14巻端から端まで面白いだろうから楽しみだ。

呪術廻戦120話辛すぎ…….推しが〜( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)


呪術廻戦120話辛すぎて禿げそう。


呪術廻戦 120話感想!虎杖に託したナナミンの言葉が切なすぎますね。

呪術廻戦 120話 は? やばくね? ナナミン?????


今週の呪術廻戦120話を読んでからPV第2弾の虎杖のセリフ聞くと100億万回泣けますよろしく