産屋敷一族が病弱で短命な理由は?治す方法はない?

「産屋敷一族」は鬼殺隊の当主を代々受け継いでいました。

実はこの一族のものは皆「病弱」そして「短命」であり、それはとある呪いが関係しているみたいです。

その呪いとは一体どういったものなのか、その呪いを解く方法はどんなものか? 

今回の記事ではそれついて紹介していきます。

産屋敷一族が病弱で短命な理由は何?

そもそもなぜ産屋敷一族が代々「鬼殺隊」の当主を務めているのかと言いますと、

全ての鬼の祖である「鬼舞辻無惨」が、実は産屋敷一族なのが理由です。

そして鬼舞辻無惨、、要は人間の敵を生み出してしまった罰として本来は産屋敷一族は絶えるはずだったのです。

ですが、次の項目にある「解く方法」を実践し続けることでなんとか産屋敷一族は絶えずに今日まで続いていました。

ですが、その解く方法も完全に遂行している訳ではないので、呪いとして「病弱、短命」な一族となりました。

では、その解く方法はあるのでしょうか?

産屋敷一族の呪いは解けるの?

本来滅ぶ運命だった産屋敷一族ですが、ある事を行い続けたら、、、、、、、

滅びに歯止めをかけました。

それは鬼舞辻無惨を倒すために全力を尽くすこと

ですが、現在も産屋敷一族は鬼舞辻無惨を倒すことは達成していないので、短命という呪いを受けているでしょう。

最後に

今回の記事では産屋敷一族が病弱、短命な理由や治す方法、呪い等を紹介しました。

30年も生きられないほど短命で、なおかつ組織の当主にならなければいけないって過酷すぎませんかね。

産屋敷耀哉は亡くなりましたが、次の当主「産屋敷きりや」の代で終わればいいですね。

それでは、、、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。