煉獄杏寿郎の弟の名前は?性格や過去とは? 弟なプロフィールを紹介!!(鬼滅の刃)

鬼滅の刃、炎柱の煉獄杏寿郎。

煉獄杏寿郎には弟がいて、すでに作品でも登場しました。

今回の記事では煉獄杏寿郎の名前や性格、過去を紹介していきます。

煉獄杏寿郎の弟の名前や性格は?

煉獄杏寿郎の弟の名前は、、、「煉獄 千寿郎」。

性格は?

かなり真っ直ぐな性格で、自分の信念に従った男前なキャラクターですが、弟の煉獄千寿郎の性格はどうかというと、兄の煉獄杏寿郎とは結構正反対な性格です

煉獄杏寿郎の父は結構厳しおじさんで、その暴言に涙したり弱ったりするシーンがありました。

これは下弦の壱との戦闘中の夢でのシーンですが、弱る弟を煉獄杏寿郎が励ますようなこともありました。

ちなみに煉獄杏寿郎も剣士を目指していて現・鬼殺隊隊士の炭治郎ともしばらく手紙のやり取りをしていたみたいです。

煉獄杏寿郎の弟の過去とは?

男前な兄、煉獄杏寿郎とは正反対な性格に育ってしまいましたが、なぜそのような性格になったのでしょうか?

考えていきます。

煉獄杏寿郎の父は、千寿郎が幼い時には既に酒に溺れていました。

兄の杏寿郎は指南書を読み込み、任務などで家から出ることも多かったはずですが、弟の千寿郎は幼いため当然家から出ることはなかったでしょう。

幼い少年が酒飲みで厳しい大人と同棲したら、、、

もう分かりますね。

怒号を挙げる父におびえるようになっても仕方ないですね。

それでも、立派な剣士「柱」である兄から指導を受け、剣士としての道を歩もうとしているので、なんとか心は保っているでしょうね。

歪んだ家庭環境によって、煉獄杏寿郎の弟は性格が兄とは真逆になってしまったと考察します。

最後に

今回の記事では煉獄杏寿郎の弟について紹介しました

兄「煉獄杏寿郎」が亡くなってから煉獄千寿郎は登場しまたが、剣士とての鍛錬を続けている以上、いずれは鬼殺隊に入隊し、炭治郎の後輩として活躍してくれる事を祈ります。

そのころには、兄の男前な性格も継いでくれるはずです!!。

それでは、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。