冨岡義勇の姉さんは誰?義勇のトラウマとは?(鬼滅の刃)

水柱・冨岡義勇にはかつて姉がいましたが、すでに亡くなりました。

その結果、義勇は天涯孤のみとして錆兎とともに修業しますが、なぜ若くして亡くなってしまったのか、そしてそれが義勇にどう影響しているのか?

今回の記事ではその事について紹介していきます。

冨岡義勇の姉

過去に部分的に回想されたことはありますが、物語のような形ではないので、性格などの詳しい情報はなく、その容姿と名前のみ判明しました。

名前は「冨岡蔦子」といい、下の画像のような顔立ちです。

美人ですね。

実は蔦子は婚礼間近にして亡くなり、この作品は大正時代が背景なので、年齢はおよそ18や20ですかね。

後ほどこの時から少しだけ時間がたった義勇の画像が出てきますが、その時の義勇とこの蔦子の画像から推測するに、二人の年齢差はおよそ6歳ほどあるように思います。

では蔦子さんはなぜ若くして亡くなったんでしょうか?

冨岡義勇の姉の最期

結論から言いますと、鬼に襲われて最期を迎えます。

襲われたのは姉である蔦子のみならず義勇以外の家族全員でこれにより義勇は幼くして天涯孤独の身となります。

そして蔦子がなくなってしまったタイミングが婚礼間近でしたので、義勇は仲が良かった錆兎に対し、「姉ではなく自分が死ねばよかった」と伝えたら、、、

錆兎からビンタされました。

これにより一時は気を取り直しました。

最後に

今回の記事では冨岡義勇の姉について紹介しました。

今でこそ鬼に対して圧倒的実力で立ち向かう柱ですが、過去には家族を襲われていました。

冨岡義勇以外で言うと胡蝶しのぶや悲鳴嶼行冥あたりですかね。

今義勇がどれほど姉のことを気にかけているかは分かりかねますが、乗り換えていくはずです。

それでは、、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。