不死川実弥の稀血の特性は何?そもそも稀血とは?

鬼滅の刃で、不死川実弥の血液は、「稀血」である事が分かりました。

今回の記事では稀血はどういった特性があるのか、そもそも稀血とは何なのかを紹介していきます。

そもそも稀血とは?

鬼滅の刃という作品において敵である鬼の主食は、人間の肉及び、血液になります。

ただ、一概に豚肉といってもイベリコ豚から業務用特売サイズまであるように、人肉にも栄養価の違いがあるみたいです。

場合によっては、栄養価の高い人間一人を食べる事で普通の人間を50人、100人食べたのと同じ栄養を得られます。

そのような栄養価の高い人間の血や、その人間そのものを稀血と呼ぶみたいです。

かつて炭治郎が相手した元下弦の陸「響凱」は、歳を重ねるにつれてたくさんの人間を食べれなくなり、稀血を選んで食べる事で力を得ようとします。

そして、鬼滅の刃168話では不死川実弥が稀血である事が判明します。

 

不死川実弥の稀血の特性

不死川実弥の血にはとある特性を持っています。

それは、血の匂いを嗅いだ鬼を酔わせるという特性になります。

現段階で稀血を持つキャラクターは

清という少年と不死川実弥。

この二人しかおらず、実際に血を流しているのは今回の不死川実弥が初めてなので、稀血については現時点であまり情報がないです。

最後に

稀血についても様々な伏線が張られたりする事はあるでしょうか?

その時に新たに記事を更新していこうと思います。

今回の記事では不死川実弥の稀血について紹介しました。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。