竈門炭治郎のプロフィールを紹介!!年齢は?能力は?

鬼滅の刃の主人公の竈門炭治郎は優しく真面目な青年です。

ある日突然幸せな日々と家族を突然鬼に襲われ唯一の生き残りの妹さえも傷口から鬼の血が入ってしまい鬼になります。

鬼になった妹を人間に戻す為、家族の仇の鬼舞辻無惨という鬼の起源の人物を倒すべく、奮闘し強く成長する物語になります。

今回の記事ではそんな家族思いの竈門炭治郎のプロフィールを紹介します。

炭治郎の年齢

竈門炭治郎の年齢はすでに公開されておりますが、7月14日生まれで、なんと鱗滝さんのもとで修業を開始した時の年齢は13歳です。

鬼殺隊の入隊時には2年の月日が流れ15歳。

竈門炭治郎は意志も思いやりもしっかりした真面目さで素晴らしいです。

自分の子供の時と比べても差は歴然です。

竈門炭治郎の身長は?

上記であった通り15歳ともなると何センチなのか、また子供の頃の自分に当てはめてみると、どれくらい差があるのか予想してみます。

鬼滅の刃は大正時代の日本が舞台になっていますのでその時代の平均身長が基になっていそうです。

大正時代は現代の日本よりだいぶ低いみたいで、、

大正時代の平均身長は男性で160cm、女性では149cmでした。

現代は男性170cm.女性158cm。

大正時代と現在ではここまで変わりました。

竈門炭治郎の身長がますます難しくなったところで発表します。

平均寿命も踏まえてご紹介していきます。

一巻目では13歳の炭治郎は156cm。

2年にも及ぶ鍛錬を経て9cmもアップし、165cmになります。

大正時代の平均より少し高めになりました!。

ですが現代より少し低めになるかなと思いました。

漫画内でも差が分かりやすいように他のキャラクターも少し紹介していきます。

善逸−164.5cm

伊之助−164cm

禰豆子−153cm

冨岡義勇−176cm

煉獄杏寿郎−177cm

です。

善逸、伊之助の中では炭治郎が若干背が高くなります

柱のメンバーは炭治郎よりも背が高く平均を越していますが、炭治郎も2年の修業で9cmも伸びたこともあり、柱のメンバーも鍛錬していく中で普通より高くなった感じがしませんか?

炭治郎に秘められた能力は何?

①嗅覚

炭治郎の能力といえばなんといっても発達した嗅覚です。

物語でも鼻が利くことで何度もその後の戦いにも生かされていました。

鱗滝さんの修行でさらに磨きがかかりより嗅覚が敏感になります。

相手の感情なども匂いで察することができたら隙の糸と呼ばれる相手の急所を嗅ぎ分けることも可能です。

②石頭

もう一つは群を抜いた能力、、石頭になります。

たびたび仲間にも頭突きするシーンがありました。

炭治郎が真面目で性格が石頭のようなところがあるせいか性格から滲み出るような能力ですねこれは。

まとめ

今回の記事では炭治郎の年齢や身長を紹介しました。

竈門炭治郎

1話目は13歳、現在15歳

1話目156cm、現在165cm

とても優れた嗅覚を持っています

桁違いの石頭。

主人公、竈門炭治郎の年齢、身長、能力を今までよりも少し知ることで今読んでいる方も楽しみが増えると思います!!。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。