産屋敷あまねはなぜ産屋敷家に嫁いだのか? 正体は?初登場は?

鬼殺隊の当主である「産屋敷耀哉」

では、その妻である「産屋敷あまね」とは何者なのでしょう?

今回の記事では産屋敷あまねはどこの出身で、初登場はいつなのかを紹介していきます。

産屋敷あまねの初登場は?

産屋敷あまねが初めて「鬼滅の刃」本編に登場したのは本編第118話、時透無一郎の回想シーンです。

産屋敷あまねは無一郎をスカウトしに来ていました。

この時からとつてもない美しさです。

産屋敷あまねはなせま産屋敷耀哉と結婚したのか?

これには産屋敷家の呪いみたいなものが関係していて産屋敷家は昔、鬼舞辻無惨という鬼を自分の家系から輩出してしまい、

そのものを倒すために心血を捧げば一族は絶えないという神社?からの言葉により、鬼殺隊を立ち上げたと思われました。

ですが、いまだに鬼舞辻無惨を倒さていないことによる呪いなのかどうか、、

一族の誰も三十年と生きられないみたいです。

何とかしてその寿命を延ばすために代々神職の一族から妻をもらおうとし、その神職一族の妻が、「産屋敷あまね」だったというわけです。

産屋敷あまねの今は?

ネタバレ注意です。

実は本編の第137話で鬼舞辻無惨が産屋敷邸に襲来しその際

産屋敷耀哉は、自身の妻・産屋敷あまねと、その子供2人を巻き添えにし、自爆します。

そのため、産屋敷あまねは既に亡くなりました。

最後に

残念なことに、既に亡き人となってしまいました。

病気に苦しむ夫・産屋敷耀哉を生涯見守り続け、最期も共にしたその姿はまさに理想の妻ですね。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。