伊之助の刀の色は何色?のこぎり状?

鬼滅の刃の準主人公にして、野生を擬人化したような猪突猛進キャラの伊之助。

鬼殺隊の一員である彼は当然ながら日輪刀を持っていますが、彼だけは形がのこぎり状になっています。

なぜこんな形なのか、そもそも色は無いのか?

などを今回の記事では紹介していきます。

そもそも日輪刀とは?

最近の鬼滅の刃では、日輪刀という単語そのものが登場しなくなっていますので、そもそもそれって何?と思う方も多いはずです。

ざっくり説明すると、鬼を殺すための刀で、鬼殺隊に入隊した者には必ず配られました。

当然ふつうは日本刀のような真っ直ぐな刀身ですが、伊之助の刀はギザギザです。

なぜ伊之助だけこんな形なのか?

伊之助の刀はなぜノコギリ状?

鬼殺隊に入隊した際、鬼殺隊士はみな自分の日輪刀の元となる鋼石というものを選び、それを師匠に提出して、日輪刀となって隊士の元へと帰ってきました。

その時もちゃんとした刀なのですが、おそらくそれを受け取った後の伊之助が

自分自身で、ボロボロにノコギリ状にしました。

これには精魂込めて刀を打った刀匠も

「ぶっ殺してやるこの糞餓鬼!!」とお怒りでした。

なので結論として、伊之助がわざとノコギリ状にした

という事です。

 

最後に

野生児をそのまま人に起こしたようなキャラクターですが、まさかあの刀もわざとそうやっていたとは、、、、、、、、ぶっ飛んでいて最高ですね!!!

まぁ大活躍でしたから、この刀でもやっていけるはずです。

それでは、、お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。