「鬼滅の刃」 禰豆子が本当のラスボス?炭治郎と戦う?

原作はラスボス戦との対決で、そろそろ終盤戦ですよね。

ですが、ここにきて炭治郎の妹の禰豆子が眠りから覚めて、炭治郎たちの方向へと向かいました。

噂では禰豆子が真のラスボスと言われていますが、どうなんでしょう?

今回の記事では禰豆子がラスボスなのか?考えていきます。

禰豆子が鬼滅の刃の真のラスボス説?

鬼の頂点として無惨が君臨しています。

185話以降は無惨との直接対決となっていますが、ここまで炭治郎や柱たちを全く寄せつけず、刀で斬られても瞬時に再生するなど、圧倒的な実力の差が感じられますね。

ただ、唯一の弱点として、「日光に対する耐性がない」というウィークポイントがあります。

この日光に無惨を当てるために、残り1時間半の戦いを強いられているのが185話の状況でした。

しかし、その日光に当てられても全く無事であるという、日光の弱点を克服した鬼として初めて誕生したのが炭治郎の妹の禰豆子です。

ただ、何故禰豆子だけが日光の弱点を克服出来た鬼となったのかは、未だ明らかになっていないです。

日光の弱点克服には青い彼岸花が関係している?

ラスボスになるための必要条件として、今の無惨よりも強くなるというのは当然の流れです。

そのためには無惨の弱点である「太陽の光」を克服した状態で、無惨の力を取り入れる、というものが必要になりそうです。

そこで、以前炭治郎が見た走馬灯。

この中で、青い彼岸花のようなものが映り込んでいました。

もしこれが本当に青い彼岸花だったとするなら、走馬灯なので炭治郎が幼少期に青い彼岸花を見ていると考えるのが普通ですよね。

そしてまた禰豆子も炭治郎と一緒に青い彼岸花を過去の時点で見ている可能性が高いです。 

そしてこれは推測ですが、禰豆子はもしかしたら幼少期に青いました彼岸花に触れて、もしくは好奇心で口にいれていたかもしれません。

その流れから青い彼岸花が禰豆子の体内に入り、そのおかげで太陽の光を克服できたのかなと思いました。

無惨も青い彼岸花を探していた

そもそも無惨も、青い彼岸花を探していました。

これは、太陽の光の弱点を克服するため。

青い彼岸花で太陽を本当に克服できるのであれば、無惨がまだ人間だった頃に処方された薬に、青い彼岸花が関係している可能性も高くなりそうですね。

ですが、太陽を克服した鬼・禰豆子がいると無惨は知ってしまいました。

ならば禰豆子を手中に収めればいいと判断して、青い彼岸花を探すことを無惨はこれ以上しないと決めました。

そして、禰豆子を無惨自身の体に取り組むことを第一の目的としてしまったのでしょう。

無惨と禰豆子は表裏一体?

初めてこの世に誕生した鬼である無惨です。

そして初めて鬼の弱点だった太陽の光を禰豆子は克服しました。

ふたりはある意味、表裏一体の存在になります。

その二人が出会い、最悪な事態として交わってしまった場合、どのような事がおきるのでしょう?

禰豆子は一時的に無惨の呪いを解除した?

禰豆子が鬼になってから、実は無惨とは一度も接触したことがないです。

禰豆子自身が無惨の呪いを解除しているのではと考えられていますが、それは禰豆子が長期間人間を食べていなかったところにあるでしょう。

加えて、禰豆子と無惨の距離が離れすぎてしまったため、一時的に解除されていただけなのでは?

実際、禰豆子は珠世と違って、医療技術による呪いの解除は行なっていないです。

また、「禰豆子の血は短期間で成分が何度も何度も変化している」と言った珠世の発言も気になります。

珠世が無惨に投与した、鬼を人間に戻す薬も効果がなかったくらいなので、禰豆子にも薬は効かないと思います。

無惨を倒して禰豆子にも何か変化は起きる?

では、無限域の戦いで仮に炭治郎たちが無惨を倒したとすると、その後禰豆子の体にどのような変化が起きるでしょうか?

禰豆子は無惨の血液が多いと言われていたくらいですので、何らかの変化は確実にあると思います。

それは、上限の鬼が全て滅べば、最も無惨の血液が多く含まれる鬼は禰豆子となるからでしょう。

そのため、無惨の本体が倒れてしまったら、無惨の意志は最も血液が多い禰豆子の体に引き継がれる、というのはあり得そうですね。

つまり、真のラスボスは禰豆子なのかもしれません。

兄妹対決として非常に切ないですが、実際禰豆子も今無惨がいる場所へと向かってきていますので、果たしてどうなるか?注目です。

まとめ

今回の記事では真のラスボスは禰豆子?を紹介しました。

無惨と禰豆子の関係性が気になります。

表裏一体の関係でもあるので、どちらかが死ねばどちらかがよりパワーアップする可能性はあると思います

非常に切ない展開が多い気がしますが、今後も注目していきたいです!。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございます。