「ワンピース」展開熱すぎる!!ルフィとキッドにローが再び共闘!? シャボンディ諸島での並びが懸賞金額ともに判明した?

ワンピース974話にて、ルフィ、キッド、ローの最悪の世代ルーキーである3船長が再びタッグを組んで、カイドウ・オロチ軍に戦いを挑む事が明らかになりました。

最強すぎる四皇のカイドウを相手にし、ルフィはたった一人ではなすすべがありませんでした。

そして牢獄でルフィが出会ったのは、同じくカイドウに戦いを挑むも、同盟のアプーは裏切り、ホーキンスは戦いを放棄して、たった一人でキッドは挑みやられてしまいます。

この二人の反撃の意味も込め、さらにはローも交えた3船長が再びカイドウ陣営に戦いを挑みます。

熱すぎる展開です!!。

ルフィはキッドと同盟を組むだろうと言われていたのか?

以前からもルフィとキッドは同盟を組むだろうと言われていました。

そもそもルフィは楽しそうなこと、面白そうなことだったらOKという感じです。

モモの助と組んだり、ローと組んだり、その中にはもちろん相手を思う気持ちも十分にありましたが、自分の利益などで組むわけでは決してなかったです。

それ以外にも、同盟ではなくても頂上戦争に向かうまでには歴戦の敵でもあったバギーやクロコダイルなどと組んだり、白ひげとも組んだりと、味方を増やしていく事が多々あります。

今回のワノ国編でもキッドと牢屋で意気投合していました。

口げんかして見た目的には気が合わないんじゃないかと思われていましたが、狙っている方向は唯一、カイドウの首です。 

目的が同じであるならば同盟を組むというのは自然な流れですよね。

そしてキッドと同盟を組むなら、既にルフィとローは同盟を組んでいますから、シャボンディ諸島で海軍本部の包囲を打ち破った共闘メンバーの面々が再度顔を合わせることになりそうです。

キッドはカイドウに恨みが多い?

キッドはカイドウに負けた敗北者としてワノ国に連れてこられます。

ワノ国自体の事情にはほぼ興味がないです。

キッドが興味があるのは唯一、カイドウへの復讐です

キッドの性格からいってもこれしかないです。

それもそのはずで、幼少期からの親友でもあるキラーを廃人同然にされて更にスマイルによって顔つきまで変えられ、笑うことしかできなくさせられたのは何よりも許しがたいですよね。

キラー以外にも自身の海賊団の仲間たちをことごとくやられてしまったので、カイドウの首は絶対にキッド自身が取りたいと思っていたはず。

この想いがあるからこそ、カイドウの敵対勢力であるルフィ、そしてローと組むというのはやはり自然です

ルフィとキッドの性格

ルフィとキッドは対照的な性格の面もありつつ、似ているところもあります。

キッドの表面上は残酷すぎる性格で、戦意喪失した敵を思う存分に叩きのめすなど、見た感じはルフィと対照的。

ただ、一度決めたことに対しては曲げずに立ち向かうそれでも心の炎は消えていないです。

逆に更に燃え上がってくるでしょう。

それもあってか、兎丼の牢獄でドボンを倒すために一時ルフィとキッドが共闘しますが、その時は何も言葉を交わさずにお互いの意見が一致したのか見事に大した時間もかけずにドボンをノックアウトさせます。

ルフィは共に時間を過ごすうちに自分のフィールドに相手を引き寄せ、性格を丸くさせるような感じがあります。

ゾロやサンジ、ナミ、ロビン、フランキー、あとはロー。

昔はそこまで仲良しという感じではありませんでしたが、徐々に心を開き、今では掛け替えのないパートナー的存在と言えるでしょう。

ローは何をしている?

ルフィとキッドについて触れてきましたが、ここで最後の一人のローについて。

ローはしのぶから仲間を疑われたことで口喧嘩をして単独行動をすることになります。

そしてホーキンスによって捕まってしまいますが、何者かによって助けられました。

その後は一人、ベポたちにも何も言わないままに秘密裏に動いていましたが、何をしていたんでしょうか?

おそらくはキッドを戦力にするために口説いていたのでしょうね。

ホーキンスからキッドとアプーとの同盟については情報を得ているので、敵側であるアプーは戦力としては難しい、ならば中立的にいるキッドをこちら側に誘う、そういう動きをしていのではないでしょうか?

あとはもしドレークがローを助けていたのなら、ドレークは飛び六胞としてカイドウ陣営の内部にも詳しくなっていたと思いますので、

そこで得た知識を武器にして当日までの段取りを組んでいたのでしょう。

さらに、ホーキンスもおそらくはロー側として今後は動いていくと思います。

あれだけコテンパンにローにやられてしまったホーキンス、勝利側につくと本人も言っていたので、ルフィとゾロが一ヶ月後に生きている可能性も出会ったその時に占っていたことから、ホーキンス自身も今の現状も今の現状を何とかしたいとは思っていたんだと感じます。

 対アプー戦の重要人物になりそうです。

今までとは違うカイドウとの戦い!!

これまでのルフィが戦ってきた相手とカイドウが何か違うかといえば、たった一人ではどうにもならないというのが既に判明しています。

ルフィは兎丼で確かに修行を積み、ヒョウ五郎から流桜の進化版のやり方を教えてもらいましたが、それだけではカイドウには通用しないでしょう。

シャボンディ諸島とワノ国の違いが懸賞金なの?

シャボンディ諸島での海軍相手の戦いはルフィ、ロー、キッド共に不本意ながらの戦いでしたね。

お互いがお互いの悪魔の実の能力を変な能力と思っていました。

そしてそれぞれがそれぞれ、自分が一番強いと思っていたので、俺がやるからお前ら下がってろ、と言い張りました。

この頃は変なプライドも持っていたでしょう。

2年経った今も、おそらく自分が一番というのは変わらないとは思いますが、ただこの強大な敵である四皇カイドウに向かうためには力を合わせないといけないとは感じていると思います。

シャボンディ諸島の2年前は、右からルフィ、キッド、ローの順番でした。

そして懸賞金は当時、ルフィが3億、キッドが3億1500万、ローが2億だったので、1位はキッドでセンター、2位がルフィで右側、3位がローで左側でした。

そして974話で描かれる3人の並びは、2年前と同じく懸賞金順です。

右からロー、ルフィ、キッドと並び、懸賞金はそれぞれ、ルフィが15億、キッドが4億7000万、ローが5億なので、1位のルフィがセンター、2位のローが右側、3位のキッドが左側という配列になっていました。

こういうところも伏線になっているんですかね。

3船長はカイドウの首を取るまでの海賊同盟になる?

おそらくこのルフィ、キッド、ローという3船長が組むのは、カイドウの首を取るその時までの期間限定となると思います。

ローは元々ドフラミンゴを倒すための「カイドウを倒す」でしたが、今となってはこの3人全員カイドウを倒すための理由が見つかりました。

利害も一致していますし、短期間で合っても同盟を組んで目的を達成するために動くというのは非常に合理的。

更に、今回はカイドウだけではなく相手陣営にはビック・マムも存在しています。

カイドウも既にビック・マムとの同盟を組んでいますので、ルフィ、キッド、ローが組んでもなんとかなるかどうか不安です。

四皇VS最悪の世代となる構図、それは本当に壮絶な戦いになりそうです。

展開は熱いので楽しみです。

まとめ

今回の記事ではルフィとキッドにローが再び共闘や シャボンディ諸島での並びが懸賞金額などを紹介しました。

この3人がどんな戦いを魅せてくれるのか?またどんな戦いになるのか?

本当に楽しみで仕方ないです!!。

うおおおおぉぉ待ちきれない!。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。