宇髄天元はなぜ引退した?宇髄天元の引退後は?

音柱・宇髄天元ですが、本編では既に引退したみたいです。

なぜ最強の肩書がある剣士が前線から撤退したのでしょうか?

今回はその真相を紹介していきます。

宇宙天元はなぜ引退したの?

宇髄天元は本編の単行本の9巻辺りの「遊郭編」にて鬼殺隊に敵対する「鬼」その精鋭である「上弦の鬼」と戦闘を繰り広げました。

結論から言いますと、その際に負った怪我があまりにも重いため、今後の戦闘は困難であると判断し、現役を引退します。

これは戦闘直後から確定、というか直感的に感じていたみたいです。

宇髄天元の引退後

引退した宇髄天元はどのように過ごしているのか?

遊郭編の後、「柱 修行」にて再登場し、部活である鬼殺隊の隊士たちに対して基礎体力向上の修行をつけています。

スパルタです。

妻である3人のくノーも、おにぎりをつくることで修行に貢献します。

普段どのように過ごしているのか分かりませんが、かつて炭治郎を育てた「鱗滝左近次」のように育手として、新たな鬼殺隊隊士を生み出す、教育する側へと回るのですかね。

最後に

残念ですが、宇髄天元は引退してしまいました。

あのド派手な戦闘シーンや音の呼吸はもう見れませんが、教育係として精を出したり、ちゃんとリハビリをこなしたりして、言ってしまってはあれですが戦闘しない以上は生き続け易いと思いますので、

またどこかで登場を期待しています!。

ここまでの一読本当にありがとうございました。