「鬼滅の刃」178話ネタバレ 黒死牟が切った笛の意味は?黒死牟にとっての縁壱の存在とは?

今回の記事は鬼滅の刃の178話のネタバレです。  

鬼滅の刃177話では、縁壱と黒死牟の過去が判明し、双子の弟である縁壱は圧倒的な才能があった事が分かりました。

そして人間だった頃の黒死牟は、縁壱に対して笛をプレゼントするなど、本当に優しい心の持ち主です。

ですが、縁壱の決して超える事ができない才能に憧れて剣を磨き、そして埋められないその才能を前に、鬼になったのかもしれないです。

縁壱と黒死牟の過去や家を出て行った縁壱はどうなったのか?

早速、鬼滅の刃178話を紹介していきます。

黒死牟は縁壱に嫉妬していた?

黒死牟は、ずっと縁壱を憎んでいました。

才能の塊だった縁壱がそばにいるだけで、自分が小さく見える。

だから黒死牟は、縁壱に対して頼むから死んでくれと思っていました。

縁壱が家を出てから、黒死牟の父は縁壱を連れ戻すために寺へと使いをやりました。

ですが、縁壱はどこにもいません。

縁壱がどこでどうなっているのかは分かりませんが、計らずしも黒死牟の願いは叶いました。

それからというもの、十年余り黒死牟は平穏な日々を過ごします。

妻と子供にも恵まれていました。

その日々はどこか退屈で、年月の流れを遅く感じていました。

黒死牟と縁壱の再会!

そんなある日、黒死牟の野営を鬼が襲いました。

そこに現れたのが縁壱です。

久しぶりに現れた縁壱は、初めて剣を握った時とは比べ物にならないほど、剣の技術は極められ、非の打ち所がないほどの人格者になっています。

これにより、黒死牟の平穏な日々は破壊されます。

縁壱の強さと剣技をどうしても黒死牟は自分の力にしたかったのでしょう。

黒死牟は家も家族も捨てて、鬼狩りの道を進みます。

黒死牟は縁壱から呼吸と剣技を教わる

それからというもの、黒死牟は縁壱から呼吸や剣技を教わりました。

ですが、縁壱と同じようには出来ませんでした。

そのため縁壱は、それぞれの者が得意な呼吸法を教えました。

その結果、日の呼吸の派生の呼吸が次々と出来上がりました。

その後、縁壱と同じように黒死牟は痣が出来ました。

ですが、結局日の呼吸は使えず、のちに月の呼吸と名付けた派生の呼吸でした。

縁壱と修行すればするほど、黒死牟は自分との差を思い知らされ、そして自分には未来がないと感じます。

 

黒死牟は縁壱にあげた笛を真っ二つして何を悟った?

そうやって絶望感を感じていた時に、黒死牟は鬼舞辻無惨と出会います。

鬼になれば無限の時間を生きる事ができ、他の剣士とは違う強さを得る。

そんな鬼舞辻無惨の言葉に、黒死牟は乗ります。

黒死牟は鬼になることで、心底願いしていた道を得られるはずでした。

ですが、縁壱は圧倒的な強さを誇り、寿命で死亡するという勝ち逃げをします。

縁壱は誰もが勝つ事ができなかった存在です。

縁壱が黒死牟に惨めな存在だと感じさせます。

黒死牟は寿命ではない縁壱の肉体を切ります。

そして肉体と同時に、昔、黒死牟が縁壱にあげた笛も真っ二つになりました。

鬼となり無限の時を黒死牟は生きました。

父も母も子供の顔でさえ思い出せない中で、縁壱の顔だけはハッキリ覚えています。

縁壱に魅せられ、縁壱に近づこうとした黒死牟は、家を捨て妻子を捨て、人間であることさえ捨てました。

悟りました。

憎しみや欲に駆られ、それでも黒死牟は何も手にしなかったのです。

「私は一体何のために生まれてきたのだ      教えてくれ  

縁壱」

まとめ

黒死牟が鬼になった理由が分かりましたね。

縁壱は双子の弟。

黒死牟はその反則級の才能に魅せられ、何もかも捨てたにも関わらず、結局は何も手にいれることができませんでした。

黒死牟が憎んでしまうほどの気持ちを縁壱に向けていたのに対して、縁壱はいつまでも笛をくれた黒死牟の優しさを忘れていなかったのでしょうね。

皆様も興味があればぜひ鬼滅の刃を観てみて下さい。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。