「ワンピース」 覇気の正体って何?

ワンピースの後半新世界編以降に追加された設定が覇気です。

厳密には空島で登場していた「心剛マントラ」なども覇気の一種だったんですが、この覇気は見聞色の覇気、武装色の覇気、覇王色の覇気の3種類存在しています。

例えば、元ロジャー海賊団のシルバーズ・レイリーが覇王色の覇気を使って巨大な猛獣を失神させている場面が印象的ですね。

今回の記事では覇気の正体について紹介していきます

武装色、見聞色、覇王色のそれぞれの違いは何か?

考えていきます。

覇気とは何?

まず覇気とは何なのでしょうか?

覇気とは、ワンピース作中の言葉を借りると、「全ての人間に潜在する力」のことです。 

覇気は誰しも当たり前に体内に存在していて、平凡な人間だと「自らの体内に秘められた覇気のパワー」を意識的に感じることができないので使えない事が多いです。

そのため端的にいうと、覇気は必殺技の類いです。

一方、覇気は「自分の力を信じる力」や「自分の能力を疑わない強さ」と定義されるなど曖昧な一面もあります。

覇気の使い手は少ないとされていますが、海軍だと中将以外のキャラクターは覇気を使う事が出来ます。

いつの間にかコビーも覇気の優秀な使い手となっており、さすがにワンピース後半では誰もが覇気を使える技として定着済みです。

一方、覇気は意外とそこまでバトルで活躍するかと言うと、やや微妙な側面もあります。

あくまで覇気は「悪魔の実の能力」を補助的にサポート、もしくは悪魔の実の能力に対抗するための後付け的な設定に近そうです。

一方、覇気と悪魔の実の覚醒は異なっています。

そして、この覇気は「見聞色の覇気」「武装色の覇気」「覇王色の覇気」の合計3種類が存在しています

そこでそれぞれの覇気の能力や強さについて詳細に考えていきます。

 

 

武装色の覇気

最初に武装色の覇気。

武装色(ぶそうしょく)が読み方です。

武装色の覇気の最大の特徴が「自然ロギア系悪魔の実の能力者にも物理攻撃を与えられる」ことです。

武装色の覇気は、肉体を硬化させる能力と考えると分かりやすいはずです。

正直肉体を硬化させることが、何故普通では攻撃が当たらない自然ロギア系の実体を捉えることになるのか感覚的に理解出来ませんが、

とにかく武装色の覇気は相手でも物理攻撃を与えれます。

他にも武装色の覇気は「見えない鎧を着るイメージ」防御に特化させることもでき、武装色の覇気は攻撃防御の両方で活躍します。

バトル漫画でありがちなオーラや気そのものと考えて良さそうですね。

なので武装色の覇気は色んな場面で「応用」される事が多いです。

一方、この武装色の覇気で硬化させた部位は「黒く変色する」のが特徴です。

アニメ版ワンピースだと微妙に異なる表現のようですが、武装色の覇気が発動しているかしていないかは一目瞭然です。

この武装色の覇気と組み合わせた必殺技にはルフィの「ギア4」などがありました。

武装色の覇気で様々な部位を強化し、ルフィの肉体が部位的に暗く変色することで軽く化け物みたいになってます。

そして、武装色の覇気は武器にまとわせる事も可能です。

例えば、ゾロだと刀です。

刃こぼれすることも激減です。

海軍中将・ヴェルゴなどは竹筒を武装色の覇気で強化させていたりしていました。

もしかすると今後は銃やピストルで武装色化させた弾を発射してくるキャラも現れそうです。

現時点でもっとも武装色の覇気で黒色化されてる武器は刀です。

刀に武装色の覇気をまとわせ続けると、常に黒色化して黒刀となります。

原理は不明ですが、武器に武装色の覇気のオーラが染み込む。

現状で黒刀を持つのは元七武海のジュラキュール・ミホークとワノ国のリューマだけです。

逆に言うと、黒刀はもともと一般的な刀です。

そして、武装色の覇気は外に飛ばして攻撃することも可能です。

不必要な場所の覇気を肉体の一部に部分的に集まることで、それを手から放出することもできます。

既にシルバーズ・レイリーや戦桃丸が覇気を飛ばす技を使用しており、さながら覇気はオーラのような特徴がますます色濃くなっています。

この技はワノ国では「流桜」と呼ばれていて、もしかすると飛ばす覇気自体にも正式名称があるのかもしれないですね。

あと流桜という名前は龍王と掛けてある可能性もあります。

Dの一族や天竜人も彷彿させますね。

例えば、マリンフォード頂上戦争で海軍大将たちが見せた防御技「飛ばす武装色の覇気の応用技」だったと考えれます。

武装色の覇気は体外に放出すると、透明なオーラで見えない事が多そうです。

例えば、ズニーシャで暮らしていたミンク族の電撃も武装色の覇気の応用だったのかもしれません。

他の種族は電撃攻撃できないことから、ミンク族特有の覇気なるものが存在し、その覇気を外に放出すると電気の性質を帯びる可能性もあります。

見聞色の覇気

次に見聞色の覇気。

(けんぶんしょく) が見聞色の読み方です。

見聞色の覇気とは「気配などを察知する力」のことです。

例えば、見聞色の覇気を使うと視界に入らない角度からの攻撃を避けたり、相手の次の一手を読む事もできます。

カタクリは見聞色の覇気を極めすぎて数秒先の未来も予知できます。

見聞という言葉は知識といった意味で本来使われることが多いものの、見聞には「見たり聞いたりすること」という文字通りの意味もあるため、見聞色の覇気はそのまんまの覇気と考えたらいいです。

ただ、見聞色の覇気は「相手の感覚を読み取る繊細な能力」でもあるため高い集中力が必要です。

なので見聞色の覇気は覇気の中でも「使い手の精神状態や体力の消耗度に左右されやすい」のが難点です。

ですので、見聞色の覇気はサポート系能力です。

例えばウソップの場合、見聞色の覇気を応用してサーモスコープのように遠くいる人物を把握することが可能です。

ウソップの強みは射撃の腕にありますが、遠くを視認できる能力がベースにありました。

他にも六式の紙絵や空島の住民たちが使っていた「心網」も見聞色の覇気の一種です。

六式の「鉄塊」も武装色の覇気を応用している必殺技。

そしてCP9のメンバーが全員見聞色と武装色を使用できることがビブルカード内で判明済みです。

ただし、あくまで紙絵や「覇気をベースにした武術」

という位置づけです。

あくまで覇気は基礎の技に過ぎず、六式などは上位の応用技という位置づけです。

覇王色の覇気

最後に覇王色の覇気。

はおうしょくが覇王色の読み方です。

覇王色の覇気の能力は「相手を威圧して気絶させる」のが特徴です。

ルフィはマリンフォード頂上戦争で海軍を気絶させ、シルバーズ・レイリーはルスカイナ島で猛獣を気絶させたりしています。

覇王色の覇気が使用できるキャラクターは非常に限られています。

覇王色の覇気は他の覇気と違って鍛えることは唯一不可能になります。

まさに生まれ持った資質により強弱が変わってきます

作中の言葉を借りると「王の資質」を持つものだけが許される覇気。

一方、本人の成長次第で強化されることもあるそうです。

覇王色の覇気の黒い稲妻が覇王色の強み?

Dの一族だけ使える覇気という条件ならまだしも、覇王色の覇気がバトルで活躍した試しはありません。

そのため正直バトル面で何か使えるような覇気ではなさそうです。

一方、シャンクスと白ひげのクダリを筆頭に覇王色の覇気がバトルに使えそうな描写もゼロではありません

実際、白ひげとゴールド・ロジャーの戦闘シーンを見ると、お互いの剣先が触れ合うことなく衝撃波同士がぶつかった状態です。

もちろんお互いの剣が黒色化しているので、武装色の覇気の延長線上にも見えます。

ベースには武装色の覇気があるのは確実です。

ただ、外にまとう武装色の覇気はさながら透明なオーラです。

カタクリの流桜にしても丸みを帯びた液体に近いです

でも百獣のカイドウの雷鳴八卦然り、白ひげもロジャーも黒い稲妻を武器周辺に発するなど流桜とはやや趣が異なります。

そのため透明な武装色のオーラも黒色化してしまうのが覇王色の覇気なのでは?

黒い稲妻が確認できるキャラは白ひげ、ロジャー、カイドウと軒並み強キャラばかりです。

実際白ひげとロジャーは覇王色が使える上、カイドウも使えてもおかしくありません。

つまり、覇王色の覇気は「武装色の覇気」や「見聞色の覇気」を更に強めてくれる覇気なのかもしれません

実は見聞色の覇気の「未来予知」も覇王色が意外とベースにあるのかもしれません。