「ワンピース」 たしぎの強さや能力は?ゾロと再戦するのか?

たしぎはスモーカーの部下として登場し、読者からも海軍隊員からも人気の高いキャラクターです。

抜群のルックスにドジな性格という恋愛漫画にも出てきそうなスペックなのですが、剣の腕は抜群で海軍でも23歳にして大佐という地位に立っています。

そんなたしぎのライバルといえばゾロです。

初対面の時は完敗してしまいましたが今後再戦はあるのでしょうか?

今回の記事ではたしぎの能力や強さ、そして今後ゾロとの再戦があるのかどうか紹介します。

たしぎの性格や二年後

たしぎは剣が大好きで、剣を使ってお金を稼いでる海賊や賞金稼ぎを嫌っています。

夢は世界中の悪党たちに手に渡ってしまった名刀を集めながら旅をすることと公言しますが、真面目な性格が見て取れました。

ですが、そんなたしぎは上司であるスモーカーに常にトロイと言われているほど抜けた性格をしており、時折常人には理解できないほどの天才ぶりを発揮したりします。

ちなみにたしぎの誕生日は10月6日なのですが、これは10・6 (トロい)からきています。

ルックスがよく、どこか抜けた性格なのも愛される要因でしょう。

刀のことが大好きなたしぎは刀剣マニアです。

ゾロとはじめて会った時にはゾロの刀「和道一文字」や「三代鬼徹」のことを知っていますし、アニメ版ではジュラキュール・ミホークの黒刀「夜」の解説をするなど刀についての豊富な知識を披露していました。

ですが武器屋の店主一本松が「三代鬼徹」の逸話を話した時は、その話を知らなかったりと資料などで見た知識がベースになっているみたいです。

世界中の刀を集めるのが夢というだけあって、刀については自らかなり研究しているみたいです。

そんなたしぎですが、初登場時はスモーカー中将の部下として登場し位は曹長です。

曹長という位は一般兵の中では上位に位置しますが、海軍将校ではありませんのでめちゃくちゃ強いという訳ではないです。

実際に初登場時にゾロに敗北しました。

その後スモーカーと共にアラバスタを救った英雄として扱われたため少尉に昇格し海軍将校になり、二年後に再登場したヒナと同じ地位なので、現在の能力はかなり評価されていると思います。

たしぎは23歳にして海軍大佐となっていますので、海軍内ではかなりスピーディに出世していると言えます。

たしぎの強さ

たしぎのプロフィールを紹介しましたので、次はたしぎの強さに触れていきます。

初登場時はゾロに惨敗し、アラバスタでは己の無力さをたしぎは知ります。

その後大佐に昇格するのですが、戦闘力の面でも大幅に向上しました。

まだまだ知識は低いですが、ゾロも習得している武装色の覇気を取得していますし、六式(剃)も披露しました。

武装色の覇気を取得していればロギア系悪魔の実の能力者にも攻撃を通すことができますし、新世界でも十分に戦っていけます。

武装色の覇気や六式(剃)を取得するなど、順調に成長しているたしぎですが現在までのところ強敵相手に勝利したシーンは描かれていないです。

たしぎはこれまでロビンやモネなど当時の実力からするとかなり格上の相手とばかり戦っていて、技を使って戦っているシーンがあまりありません。

そのせいか戦闘シーンすら描かれずに敗北することもあり、実際どのくらい強いのか?判別するのが難しいです。

ゾロとの再戦はある?

そんなたしぎが敵視しているのがゾロです。

ゾロは元賞金稼ぎで現在は3億ベリーもの懸賞金がかけられている海賊なので、たしぎとしはゾロの持っている刀を手に入れたいのでしょう。

いつかたしぎとゾロの再戦も描かれるかもしれないですが、私としてはこの二人の再戦はないと思います。

戦闘力がゾロとかけ離れています。

悪魔の実を食べるかもしれませんが、剣士としての立場にこだっている以上はその可能性は低そうです。

二つ目の理由はたしぎはゾロや麦わら海賊団と触れ合ううちに彼らが悪でないことを理解しました。

むしろスモーカーと共にアラバスタの英雄扱いされた事に違和感を感じていて、海軍に対しての不信感があります。

まとめ

今回の記事ではたしぎの能力や強さを紹介しました。

物語の節目節目で登場していることからも、今後登場するシーンもあると思います。

それに期待していきたいですね。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。