「ワンピース」 幼少期のロビンかわいすぎ!!幼少期からロビンは悪魔の実の能力者?ロビンの過去とは?

クールで可愛いロビン、彼女の幼少期、過去について紹介していきます。

ロビンの幼少期は無邪気で好奇心旺盛!!

8歳で考古学者と認められたシーンでは、ロビンはとても嬉しそうに笑っていました。

元々ロビンは快活な少女だったのだと思います。

ロビンは既にハナハナの実で能力者になっており、周りからは妖怪扱いされ、忌み嫌われていました。

そのため、同世代の友人もおらず、ロビンはいつも一人でいたいのでしょう。

そこで、オハラの大人の考古学者たちに混ざって一緒に学びました。

彼らの話に混ざることがロビンにとっては人と繋がることだったのでしょうかね。

古代遺跡の謎はロビンにとっては、学者たちとのつながりの一つに過ぎなかったのだと思います。

ロビンは母であるオルビアに先立たれる

ロビンの母であるニコ・オリビアは、娘のロビンと同じく考古学者です。

ロビンが幼い頃から、現在ロビンも探している歴史の本文の研究のために、ロビンとは別れ、世界中を飛び回る生活をしています。

ですが、その思想を危険視した世界政府により、彼女は指名手配されていました。

探索チームが全滅し、オリビア自身も海軍に捕まりましたが、サウロの手引きで脱走し、オハラに帰郷しました。

その時、一瞬ロビンと再会を果たしますが、オハラに世界政府からバスターコールがかかったことでサウロにロビンを託し、滅んでいくオハラと運命を共に、彼女もまた還らぬ存在となってしまいました。

ロビンは幼い頃から海軍に追われていた?

ロビンは、オハラのバスターコールを受けたことによる惨劇からサウロの手を借りて逃げ延びますが、

母のオリビアと同様に歴史の本文を解読できるとして、危険因子とみなされてしまいます。

表向きには、オハラで戦艦六隻を沈めた凶悪犯という汚名をでっちあげられ、まだ幼き8歳にして7900万ベリーという懸賞金を掛けられました。

こうして少女のロビンは、犯罪者とされてしまい、海軍に追われることとなりました。

ロビンは生きる答えを求めて旅に出る

ロビンは8歳で海軍と世界政府から追われ始めてから、20年間、迫害と裏切りの連続の人生を送っています。

そして多くの裏組織に潜り込んでは世界政府の追跡から逃れながら、真の歴史の本文を探し続けていました

ロビンの考え方では、この歴史の本文により真実を知ることで、自分の存在意義を知ることに繋がると思っているのかもしれません。

そのため、ロビンは数々の組織を転々として、真の歴史を探し続けていたのでしょう。

幼少期の時からロビンは能力者だった?

ロビンは8歳の時点で悪魔の実を食べており、能力者です。

そのため、親戚一同には妖怪として忌み嫌われ、ロビンは一人でいることが多かったそうです。

またそのことで、オハラの考古学者と仲良くなったので、逆に能力者じゃなかったら、もしかしたらロビンは考古学者にはならずに、普通の女の子として暮らしていたのかもしれないです。

母親のオリビアも考古学者であることからして、ロビンが考古学者になることは運命づけられており、また悪魔の実を食するのも必然だったかもしれません。

ロビンは幼少期の時点ですでに賞金 は7900万ベリーあった?

ロビンは8歳の時からオハラの惨劇から逃げた際、オハラの唯一の生き残りであることや、歴史の本文を解読できることを危険と考えられ、7900万ベリーの懸賞金がかけられました。

また同時にこの時から、オハラの悪魔という異名もつきました。

青キジの話によると、ロビンに関わった組織は全て壊滅したという話を作中でも語っています。

最後に

ロビンは、オハラで過ごしていた間は、能力者でありながらも、普通の女の子として変わらない快活な少女だったように思えますね。

オハラの考古学者たちと話している姿や、足繋ぐ、その場所に通う姿が本作では描写されていますが、その姿はとても可愛らしく、子供としての無邪気さも見られますね。

ただ偶然にも悪魔の実を食べてしまい、そのために周りから妖怪として遠ざけられ、ロビンは単純に寂しかったのではないでしょうか。

ですが、学者たちはロビンを一人の人間として、温かく見守り続けてくれたのです。

それは、母オリビアの頼みであり、彼女の娘であることをみんなが知っていたのでしょう。

ロビンはそんな理解者も失い、やっと会えた実の母も失い、そして唯一友人となったサウロも失ってしまいました。

そのことで、世界への絶望や、自分を逃がすために多くの犠牲を生んだことで、自分の存在している理由に疑問を生じたのではないでしょうかね。

真実を知りたい、と旅をするロビンは、真実を知ることこそが自分の役目であり、生き延びた理由であると思っているのかもしれません。

苦悩の20年を経て、ロビンは強くなり、そして仲間を思う気持ちも理解できるようになったと思います。

そんなロビンの夢は、オハラみんなの思いであり、彼女は一人で追求しているわけではないです。

彼らの意思を継ぐことがロビンにとっての償いであり、彼らとのつながりを持ち続けていることにあたるのではないでしょうかね。

ロビンの考古学者としての、歴史の本文を読み解く力をふるう時、オハラの彼らの思いも報われることでしょう。