「鬼滅の刃」口元の包帯に隠された過去とは?八丈島鬼伝説モチーフ説は本当なの?

鬼滅の刃188話で伊黒の過去が判明しました。

伊黒の過去は八丈島鬼伝説をモチーフにしているみたいです。

今回の記事では伊黒の過去について紹介していきます

伊黒の過去が判明!

鬼滅の刃の188話でとうとう伊黒の過去が判明しました。

過去のエピソードは壮絶でしたよね。

死ぬ前に過去の回想に入るのは鬼滅の刃ではよくある事ですが、死亡フラグの可能性しかないです。

最近、縁壱の過去エピソードなど予想通りの展開が起きていましたので、何かあるのではないかと堪繰っていましたが、まさかここまで柱がピンチになるとは思わなかったです。

今回明かされた伊黒の過去はかなり強烈です。

女ばかりの島である事、金品を強奪していることなど、いくつかの背景は以前考察した通りでしたが、包帯の下の口が裂けているのは衝撃でしたね。

ざっくり伊黒の過去をまとめて紹介しますと、、

女ばかりの一族で370年振りに男として生まれた。

座敷牢に一人で住まわされており、親族の女たちは過剰なほど親切。

そこは女ばかりが住み、生まれる様で、下半身が蛇の女鬼が支配している。

伊黒の一族は蛇女が盗んだ金品で生活し、その代りに生まれてきた子供を食わせた。

瞳が特殊だった伊黒のことを蛇鬼が気に入り、大きくなるまで生かされた。

蛇鬼は伊黒を自分と同じ口にするために伊黒の口を裂きます。

伊黒はなんとか逃げて、当時の炎柱に助けられました

その後従兄弟と再会しました。

伊黒が逃げたせいで50人が死んだと罵られる。

今回、伊黒の口元の包帯が取れて、口が裂けている様も描かれます。

伊黒は無理矢理裂かれて、その血を飲まされるという12歳でとてつもない悲惨な目に合っています。

伊黒は過去に炭治郎と禰豆子のことを認めないと言っていた一人でもあり、鬼をとても憎んでいます。

蛇鬼に一族を殺されたこと、口を裂かれたため普通に生きることが出来なかったことなどを考えと、当然ですね。

鬼殺隊の人は家族を殺されたという人が多いので、伊黒のようなエピソードは珍しいかもしれません。

八丈島鬼伝説モチーフ説は本当なの?

伊黒の出身地である八丈島は、鬼伝説がエピソードとしてあるそうです。

八丈島鬼伝説には、鬼ヶ島という男だけが住む島と、女護が島という女だけが住む島がありました。

女護が島が今の八丈島を指していますので、伊黒は女ばかりの島で生きていたという点も伝説と同じです。

鬼ヶ島と女護が島は年に一度交流があり、そこで子供を作っていたようなので、伊黒のエピソードを見ると鬼ヶ島の男と作った子供を蛇鬼に食べさせていたことになりますよね。

「甘露寺 俺は 人を殺して私腹を肥やす汚い血族の人間なんだよ」

「強奪して金で屋敷を構え 飯を食らい する必要もない贅沢をする」

「恥を恥とも思わない 業突く張りで見栄っ張りの醜い一族」

と、伊黒が一族を表現していましたが、鬼ヶ島に住む男性の多くが強盗だったことがエピソードに絡められていると考えられますね。

無惨に立ち向かうときにこんな過去エピソードを始めなくても、、と思いますが、甘露寺の死なないで伊黒をさん!!これもフラグを掲げましたが、伊黒は本当に死亡するのかもしれないです。

わざわざ伊黒の口を裂いたシーンを描いたという事は、このことわざ通り「伊黒は欲が深すぎたので、身を滅ぼした」という死亡フラグなのではないかと考えてしまいますね。

伊黒のエピソードを見ると、欲深いと言われるほどの欲はないように見えるのですが、伊黒自身からすると「自分が生きたい・殺されたくないと欲を出した」と考えているのかもしれません。

めちゃくちゃ壮絶ですよね。

皆様はどう思い感じましたか?

鬼殺隊のなかでもかなり悲惨な過去を持っている。

だからこそ今回も乗り越えて、この戦いから生還してほしいですね!。