甘露寺蜜璃は誰の継子?なぜ鬼殺隊に入隊したのか?

今回の記事では鬼滅の刃の恋柱「甘露寺蜜璃」を紹介していきます。

甘露寺蜜璃

甘露寺蜜璃とは、鬼殺隊の最高戦力柱の1人になります。

体の柔軟さを活かして戦う「恋の呼吸」を会得しています。

特異体質であり常人の8倍もある筋肉密度を活かして、飛び跳ねるように戦っています。

鞭のようにしなる日輪刀を使っています。

刃の軌道が読みづらく、自分自身を切り刻む恐れもある刀であり、蜜璃にしか使えないです。

刀身が非常に長く、広範囲への攻撃が出来ます。

鬼殺隊入隊した理由は?

蜜璃は生まれた時から筋肉密度が常人の8倍もある特異体質。

1歳の頃に15kgの漬物石を持ち上げ、肝の座った母さんも腰を抜かしました。

そして、蜜璃はよく食べる子です。

相撲取り3人よりもよく食べ、食べ過ぎが原因で髪色も桃色に変化しました。

鬼殺隊入隊前の17歳の頃、蜜璃はお見合いをしました。

ですが、特異体質が原因で破談になります。

蜜璃はお見合い相手から結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいだと言われました、ら

以来、髪を黒に染め食べる事も我慢して、本当の自分を隠して2度目のお見合いをしました。

結婚したいという男性が現れたのですが、自分を隠し続けること、嘘をつき続けることに蜜璃は疑問を抱きました。

2度のお見合いを経て、蜜璃は自分らしく生きることを決意しました。

特異体質でも人の役に立てること、私のままの私がいられる場所、ありのままの自分を好きになってくれる人を求めた蜜璃は、鬼殺隊士へ入隊します。

これが鬼殺隊入隊の経緯です。

誰の継子?

鬼殺隊入隊後に蜜璃は、炎柱「煉獄杏寿郎」の継子になります。

そして炎の呼吸を学びますが、炎の呼吸から派生した恋の呼吸を極めて、恋柱になりました。

最後に

今回の記事では甘露寺蜜璃の鬼殺隊への入隊の経緯、誰の継子なのか?を紹介しました。

因みに蜜璃は仲間想いです。

自分がありのまま居られる場所となったのが鬼殺隊です。

鬼殺隊のみんなを家族のように想う蜜璃は、体を張って仲間を守りました。

仲間を守りたいという想いの強さが痣の発現のきっかけになりました。

仲間を想う気持ち、心優しいハートが蜜璃の大きな魅力ですね!。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。