ヒノカミ神楽(日の呼吸)の技の名前、まとめ!炭治郎のオリジナルの技は?

炭治郎がヒノカミ神楽を使用したのは下弦の鬼・累に追い詰められ、走馬灯を見た末にとっさに放ったのが始まりです。

今回の記事ではヒノカミ神楽の技、炭治郎のオリジナルの技を紹介していきます。

ヒノカミ神楽

竈門家の長男である炭治郎が父から耳飾りとともに受け継いだ厄払いの舞、それを舞うための呼吸法も代々受け継がれました。

炭治郎は火を扱う炭焼きの家系としてヒノカミ神楽に舞うための、厄払いだけのための舞だと思い習得していたのですが、

鬼殺隊の武器である日輪刀とヒノカミ神楽を組み合わせることにより想像以上の威力を出せる事が分かりました。

ですが、体力の消耗が激しいため使い所を計算して放たなければいけないという諸刃の剣です。

ヒノカミ神楽を用いた際炭治郎の額の痣は強く濃くなっています。

それに日の呼吸の剣士同様赫い刀を使っています。

円舞

円舞は水の呼吸 流流舞から無理やりヒノカミカグラに切り替えた際に発動させた技です。

真上から真下に振り下ろされた一閃は強力でるいの血鬼術を帯びた糸を断ち切ります。

炎舞

上弦の鬼に対して使用した技で円舞と同様真上から真下に高速に刀を振り下ろす技です。

こちらは高速二連撃が可能です。

円舞一閃

雷の呼吸の継承者である善逸に教えてもらった雷の呼吸 霹靂一閃とヒノカミ神楽 円舞を組み合わせた炭治郎のオリジナルの技になります。

どんな攻撃をもってしても傷つけられなかった半天狗の首を切り落とすほどの威力があります。

碧羅の天

横回転を加えながら燃え滾る炎を纏った刀を相手に叩き込む技です。

烈日紅鏡

上弦の鬼の陸との参との戦いで使用したヒノカミ神楽の技、両サイドから二回切りつける技で、360度対応できる便利技になります。

上弦の陸である堕姫との戦いでは複数の広範囲にわたる帯を一気に斬り裂いていました。

上弦の参との戦いでは回避されました。

幻日虹

ヒノカミ神楽唯一の回避技です。

高速のひねりと回転で相手の攻撃をよけます。

目がいいものほどこの技を見た者に残像を見せることになりますので、一歩で遅れてしまいます。

上弦の参との戦いでは幻日虹で回避をしながら頭を斬りつけるという組み合わせを見せます。

火車

上弦の陸、参との戦いで使用しました。

前宙しながら飛びかかり水の呼吸の水車のような斬撃を繰り出します。

ですが、水の呼吸との威力の違いは段違いで、火車は上弦の鬼の硬い皮膚をも斬り裂きます。

火車で上弦の参の腕を切断させました。

灼骨炎陽

太陽を描くように舞う広範囲の斬撃です。

正面、近・中距離一帯を渦巻く穂の斬撃で薙ぎ払う攻防一体の一撃を生み出す技になります。

上弦の陸をこの技で追い詰めます。

体を斬られた鬼は焼けるような痛みからなかなか体を再生させる事が出来ないみたいです。

陽華突

ヒノカミ神楽の技の中で唯一の突きの技、陽華突 転生に逃げてる半天狗を追い討ちするために放たれた技で炎をまといながら突きます。

日暈の龍 頭舞い

半天狗との戦いで使用した技になります。

炎の龍がうねるように敵を斬ります。

水の呼吸 流流舞のような技です。

半天狗は自身が追い詰められた際にその時の自らの感情を切り離して鬼を作り上げることが出来ます。

生み出された積怒、可楽、空喜は炭治郎と禰豆子を追い詰めるのですが、このヒノカミ神楽 日暈の龍 頭舞いで同時に三体の鬼の首を落とされます。

飛輪陽炎

アカザとの戦いで使用した技です。

首めがけて一直線に振り下ろされる日輪刀は迫力があります。

この技の効果は切っ先が揺らぎ相手に刀身の感覚をつかませないといったかなりトリッキーな技で数字を持たない鬼ならば一撃で倒せそうですね。

アカザには回避されました。

斜陽転身

斜陽転身は上弦の鬼であるアカザの首を落とした際に使った技になります。

宙返りしながらの炎を纏った横薙ぎの斬撃です。

この時炭治郎は透き通る世界に入っていましたので、アカザに悟られず首を落とすことは可能でしたが、あえて呼んだ後に正々堂々とこの技で首を落とします。

まとめ

アカザ戦まででものすごい数の技の種類が出てきましたね。

炭治郎が扱う技の数を合計すると20以上になります

これからも炭治郎の技は増えていくでしょうか?

気になりますね。

今回の記事ではヒノカミ神楽の技を紹介しました。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。