ハートの海賊団結成!ローやぺボたちの出会いは?ローの過去は? 

ハートの海賊団はトラファルガー・ロー率いる最悪世代の海賊団の一つになります。

今、その結成の秘話が注目を集めています。

ハートの海賊団がどのように結成されたのでしょうか?

誕生秘話など、紹介していきます。

ハートの海賊団

ハートの海賊団は、トラファルガー・ローを船長とした最悪世代の海賊団一つ。

特徴の一つとして、船ではなく潜水艦を使用しています。

艦内には医療設備が充実していて、マリンフォード頂上戦争から命からがら逃げてきたルフィとジンベエの命をローが助けた経緯がありました。

また、ハートの海賊団のメンバーは、ペボ、ペンギン、シャチ、ジャンバールと当初は少人数の海賊団でした。

しかし、ゾウ編でクルー総勢20人とローが紹介していました。

現在では着々と大きな海賊団に育っています。

ロー、ペボ、シャチ、ペンギンの出会い

ローはコラソンを失った後にスワロー島のとなりに町に向かいました。

その町には、悪ガキのシャチとペンギンが暮らしています。

一方、新世界のゾウを離れて、兄を探していたぺボは、北の海へと迷い込んでしまい、スワロー島をさまよっています。

さまよっているぺボを見つけたシャチとペンギンは2人でいじめはじめます。

その姿を偶然にも町はずれで見かけたローは、シャチとペンギンに絡まれるも返り討ちにされます。

結果としてぺボを助ける形となり、シャチ、ペンギンを力でねじ伏せたことになります。

これが4人の出会いになります。

トラファルガー・ローの過去

ローは幼少期、ドンキホーテファミリーと暮らしており、将来はドフラミンゴの右腕として期待されていましたが、ローは白煙病という不治の病に感染していて、残りわずかと思われる自分の命に絶望する日々を送っていました。

そんな時、ドフラミンゴの弟であるコラソンがローを救うためにオペオペの実を手に入れました。 

オペオペの実を食べたことで、ローは白煙病を克服しました。

しかし、コラソンは裏切り者としてドフラミンゴに殺されてしまい、命の恩人であるコラソンを失い絶望しました。

まとめ

ローは壮絶な過去を経験していますが、それを乗り越えて、現在のハートの海賊団の仲間に出会えました。

 彼はクールで仲間想いな感じなところがいいですよね。

今回の記事ではローの過去やハートの海賊団の出会い等を紹介しました。