「進撃の巨人」アルミンは巨人化しない?なぜ超大型巨人として戦わない?

ベルトルトを喰らうことで巨人化したアルミンですが、戦闘中に巨人化するそぶりはなく、今後は巨人化しない可能性があります。

その理由を考えて紹介していきます。

アルミンは巨人の力を手に入れた?

アニメでも放送されましたが、パラディ島での最後の戦闘である「ジーク、ライナー、ベルトルトVS調査兵団の結果は、ジークとライナーがマーレ軍に戻り、調査兵団を命を懸けて勝利します。

その際、調査兵団の団長であるエルヴィン、そしてアルミンの二人が瀕死になり、どちらかベルトルトの超大型巨人を継承して生き残る、という選択をします。

リヴァイがアルミンに注射を打ったため、アルミンがベルトルトを喰らい、アルミンが超大型巨人の力を手に入れることになります。

いままで進撃の巨人を読んでいた人は、あのアルミンも巨人として今後戦っていくんだ!と喜んでいたかもしれませんが、巨人化してからほぼ戦闘中に超大型巨人の力を使っていません。

アルミンとエレンが巨人になって共闘する展開をとても楽しみにしていましたので、まだかまだかと期待しているのですが、一向にその素振りがないです。

現在、マーレ軍との最終決戦とも思える総力戦が行われる中、アルミンはミカサと共に立体起動装置で戦闘しています。

巨人として戦う姿が見たいですよね。

巨人化しないのは何故か?

①超大型巨人は被害が多すぎる

超大型巨人はその名の通りとてもでかいです。

そんな超大型巨人が戦闘で暴れたら町は崩壊すると思います。

ベルトルトは敵国の街なんて滅べばいいという気持ちで戦闘をしていたのかもしれませんが、アルミンはパラディ島で巨人化することを良しとしないのかもしれないです。

自分たちの住んでいた町を破壊するのは気が引けますよね。

②誰が巨人化したかバレるから

この説はかなり濃厚だと思います。

例えばマーレ軍のピークを見たら車力の巨人だと分かってしまいます。

当然マーレ軍もエレンの顔わ、リヴァイ、ミカサといったアッカーマン家を意識しているので、この3人は認識しています。

それに対して、巨人化を多用しないアルミンはマーレ軍に認知されているかもしれないですよね。

コニーやジャン同様、兵士の一人としてカウントされている可能性が高く、もしもの時に奇襲に使えると考えれますね。

超大型巨人です。

ただの巨人ではないです。

例えば捕虜として捕まってもその場で巨人化してしまえば簡単に脱出が出来ますし、軍を壊滅状態にすることも出来ます。

といっても、アルミンは近くにミカサたちがいたら被害を考えて巨人化しないような気がしますよね。

③過去に何か見た?

巨人の継承には記憶の伝承がつきものですよね。

ですが、アルミンは全くベルトルトから引き継いだ事を口にしていないです。

ということは、実はベルトルトの記憶で見ているけれど皆んなに言えない内容というのがありそうです。

ベルトルト自身は超大型巨人で人を殺していると思いますし、その時の記憶を見てアルミンが巨人化したくないと思っても不思議ではないです。

ベルトルトがパラディ島の人たちを悪魔と呼んでいた理由を知って、アルミン自身も戦いに対して消極的です。

超大型巨人の使い勝手の悪さを記憶で知り、アルミンはあまり使いたくないのでしょうか?

ベルトルトの記憶のせいで巨人化を拒んでいるなら、このような理由かなと思いました。

特に最後の超大型巨人の使い勝手の悪さはとても大きいです。

エレンの進撃の巨人のような小回りはききませんし、なんなら大きな事が逆に弱さになる可能性が高いです

ベルトルトは巨人になる訓練をしていましたので、使いこなせていたのですが、アルミンがベルトルト同様に動けるとは思えないです。

とはいえファンからしたらアルミンの活躍は待ちきれませんよね。

今後に期待です。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。