進撃の巨人 リヴァイが泣くシーンはあるの?

進撃の巨人に登場するリヴァイ兵長といえばいつも冷静なイメージがあります。

そんなリヴァイが泣くシーンがある?

普段の様子からは想像できませんよね。

今までリヴァイ兵長が泣くシーンあるならば、どこのシーンなのでしょうか?

今回の記事ではリヴァイ兵長の泣くシーンについて紹介していきます。

リヴァイの泣くシーンはあるのか?

リヴァイ兵長が泣いたシーンというのは今のところないみたいです。

しかし、泣いてもおかしくなかった場面が二つあります。

悔いなき選択でイザベルとファーランを亡くしたシーン

ペトラを亡くしたシーン

です。

悔いなき選択でイザベルとファーランを亡くしたシーン

悔いなき選択という物語は、進撃の巨人のスピンオフ作品で、リヴァイの過去が描かれたストーリーになります。

悔いなき選択では、リヴァイとエルヴィンが初めて出会ったときから物語から始まりました。

そしてなぜリヴァイ調査兵団に入ったのかなど、リヴァイの兵団人生を語る上で欠かすことができないストーリーになっています。

リヴァイ調査兵団に入る前、地下街で共に盗みをしていたイザベルとファーランという仲間がいて、このイザベルとファーランは生まれも育ちも地下街で、行き倒れていたところをリヴァイに拾われます。

そのため、リヴァイの事を兄貴と呼んでいます。

リヴァイもイザベルやファーランに対してとても気を許しており、本物の妹や弟のように可愛いがりました

そんなリヴァイとイザベル、ファーランの3人は地上での生活権を得るため、エルヴィンから書類を奪うという目的があり、調査兵団に入団しました。

入団後、調査兵団の一員として3人も壁外調査に出ますが、大雨で他の班員とはぐれてしまいました。

リヴァイはどさくさに紛れ、エルヴィンから書類を奪うと画策し、1人でエルヴィンの所へ向かいました。

途中、巨人とすれ違いますが、大雨で視界が悪かった為、リヴァイは気づかず通り過ぎてしまいます。

そして、リヴァイがいなくなったイザベルとファーランに巨人が襲いかかり、巨人に殺されます。

リヴァイはついさっきまで話していたはずの仲間との別れにショックを受けました。

その時雨が降っていたので、母にその雨があたり、流れ落ちています。

リヴァイの表情を見ると、はっきり涙は描かれていませんが、雨がリヴァイの涙の代わりとなって流れているように見えます。

このシーンがリヴァイの感情をあらわにしているのではないかと思っています。

ペトラを亡くしたシーン

もう一つのシーンが、ペトラを亡くしたシーン。

ペトラとは、調査兵団特別作戦班に所属していた女性です。

ペトラがリヴァイに対して特別な感情を抱いている様子が描写から伝わり、分かりますね。

元々リヴァイは部下想いなので、リヴァイ班の事を特別に思っていたと感じます。

その中でも、唯一の女性であるペトラに対しては、特に気にかけていた事でしょう。

ペトラを含むリヴァイ班の最後は、女型の巨人と戦う時です。

あまりにも無残な最後や、前後のリヴァイ班のやり取りなど、とても印象が強くトラウマという方もいると思います。

女型の巨人との戦いで亡くなった、班員の遺体をリヴァイは確認していきます。

ペトラの遺体を確認した時のリヴァイの表情は、ほかの班員たちに対する表情とは少し違いました。

普段はポーカーフェイスですが、本当に部下想いなんでしょう。 

まとめ

今回の記事ではリヴァイ兵長の泣くシーンについて紹介していきました。

はっきり泣くシーンはないですが、それに近い描写はあると思います。

きっと心では泣いていたはずです。

過去のリヴァイを知れたことでまた改めてリヴァイを好きになったという方もいるでしょう。

まだ悔いなき選択を読んでいない方は、是非読んでみて下さい。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。