「ワンピース」ミホークが死亡してサボが捕まってしまう?七武海の今後

今回の記事は956話のネタバレになります。

ワンピース956話では、衝撃的な事実がかなり分かりましたね。

まずは王下七武海の撤廃です。

これは海軍の藤虎が願っていたことですが、ついに実現しました。

王下七武海の撤廃で、王下七武海のメンバーは突然海軍から追われる立場になりました。

特に鷹の目のミホークは、ワンピースの初期から王下七武海に君臨していたのですが、海軍の攻撃で死亡との噂も浮いてきています。

そして、サボが捕まったという噂もあります。

どんな内容か紹介していきます。

ガープがリュウグウ王国に行く

まずは、ガープがリュウグウ王国に行きます。

レヴェリー(世界会議)が終わり、ガープはネプチューンを送りがてら一緒にリュウグウ王国に行ったみたいです。

そして、ガープは事件が一つあると言いました。

その事件はレヴェリー解散後の出港直後に起きました

ガープはネプチューンたちにどうか人間たちを恐れないでくれと言います。

天竜人による迫害をリュウグウ王国は受けていました

それ以上に人間を恐れるとは、どんな事件なんでしょう?

その事件は、アラバスタ王国に関する事件です。

アラバスタといえば、かつて王下七武海だったサー・クロコダイルによってめちゃくちゃにされた国です。

ルフィ達のおかげで今は立ち直っています。

アラバスタ王国にいるビビたちがどんな事件に巻き込まれているのか? 

サボが捕まった?死亡?

そして、モルガンズ率いる世界経済新聞社が作成した新聞が世界中に配布されました。

すると、涙する人が続出します。

イワンコフも、ドラゴンも新聞の内容に困惑しています。

こんなに焦っているドラゴンを見たのは初めてです。

皆んなの反応を見ると、サボの脂肪に関するニュースだと分かります。

しかしこの情報は、モルガンズが書いたものです。

時にはウソで人を踊らせると公言しているモルガンズ

何かしらの意図があり、サボが死亡したという情報を流した可能性もありそうです。

エースが死んだシーンとは違って、サボが死んだというシーンは全く描かれていないので、おそらくモルガンズのウソである可能性が高いですね。

これで、黒ひげも動きそうです。

ドレークは海軍本部機密特殊部隊ソードの隊長

そして、ドレークが海軍本部機密特殊部隊ソード隊長という肩書があることが判明しました。

なので、ドレークは海軍のスパイです。

もともとドレークは海軍の少将だった過去がありました。

ですが今は、四皇の一人であるカイドウの傘下です。

そして、コビーの上司です。

そのドレークとコビーは、カイドウとビックマムが殺し合いをして潰し合うことを期待していたみたいですが、カイドウとビックマムは同盟を組んでいました。

そして、ドレークはワノ国の都でCPOを見たと言いました。

その意味は、政府がワノ国と取引をしているということを意味します。

これは、ちょっと怪しいですよね。

ミホークが死亡?

そして、世界中の人々にとってビックニュースだった事は王下七武海の撤廃が決まったことだと思います。

かつてドフラミンゴとルフィとの戦いで、海軍大将の藤虎が王下七武海の撤廃に対して言及しました。

これが、現実になります。

藤虎は、七武海の一人であるドフラミンゴの悪事を知っていながらも、体裁として七武海は海軍の味方です

悪事を働いているものに対して何もできない矛盾に、藤虎は土下座までして仁義を示しました。

この海軍大将藤虎の土下座は電々虫を通じて世界に放送されました。

レヴェリーでは、元七武海の悪事で実害を受けた、2つの国の王の議案が大多数の賛同を得て可決されたようです。

海軍に包囲される元王下七武海メンバー

王下七武海メンバーは海軍に追われています。

バギーやミホークも海軍に包囲されました。

ミホークは武者震いがする、、久しぶりだな、追われる立場に戻るのは、、、フフ、、

と言っていました。

さらに、ハンコック。

懸賞金としては元8000万ベリーだったのですが、ハンコックは慌てている感じがしません。

まとめ

今回は956話の内容について紹介しました。

サボは死んだのでしょうか?

個人的にはその可能性は低いと思います。

もしかすると革命軍の情報捜査なのかもしれません。

https://xserver.tokyo/wp-admin/post.php?post=1410&action=edit

↑の記事でサボの死亡について書きました!!」。

気になりますね。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。