ワンピース アブサロムは死んだ?

アブサロムは、ゲッコー・モリアの部下でスリラーバーグ海賊団の四怪人の一人です。

ドクトル・ハグバックの改造手術により、ライオンの顎、像の皮膚、クマとゴリラの筋力を合計300kgも移植されています。

スリラーバーグ編では、ナミを連れ去って花嫁にしようとしましたが、それを知って激怒したサンジにボコボコにされました。

今回の記事ではアブサロムが死んだという噂や本当に死んだのかを考え、紹介していきます。

アブサロム

アブサロムはスリラーバーグ海賊団の幹部スリラーバーグ四怪人の一人です。

将軍ゾンビと兵士ゾンビの指揮官を務めました。

ミンク族のような容姿ですが、列記とした人間で、これはホグバックから受けた移植手術による影響になります。

アブサロムはスカスカの実という自身と自分が触れたものを透明にする能力の持ち主です。

触れ方次第では自分以上に大きい物も透明化が可能で

二人以上の人間を小型船ごと透明化させたうえで移動する様子もあります。

スケスケの実と同様に、持ち主の頭と度量が問われる能力だと思います。

アブサロムは死んだのか?

そんなアブサロムは、いつのまにか死んだという噂があります。

それは、スケスケの実の能力が黒ひげ海賊団二番船長である雨のシリュウに奪われていたことが判明したからだそうです。

そして、黒ひげ海賊団幹部のデボンにより、アブサロムが死亡したことが語られていました。

黒ひげ海賊団の雨のシリュウがアブサロムの能力を使った?

雨のシリュウはインペルダウンの看守長でした。

その強さは見た目からも伝わってきて、まだ本格的な戦闘を見せていません。

シリュウの強さは、ゾロと同レベルくらいではないかと思います。

そのシリュウが、今回新たに能力者となった事が判明します。

その能力が、スケスケの能力。

スケスケの実は自身と触れた物体を透明にする事により、肉眼では不可視状態にします。

今回、シリュウはその能力により、七武海ゲッコー・モリアを背後から斬りつけたのですが、今後はこれがメインの戦法となりそうですね。

また、スケスケの実なら、シリュウの力を不可視に出来ます。

シリュウは普段は一刀流ですが、一刀流に見せかけて二刀流にも出来ます。

そして、飛び道具もしようするかもしれません。

投げナイフを使えば、それを見えない状態で投げる事が出来ます。

暗殺にも非常に有効でしょう。

この能力に対抗するには、見聞色の覇気が必要ですね

ですが、レイリーによると、見聞色は相手の気配を感じ取る事が基本みたいですが、もしシリュウがアブサロム以上にスケスケの能力を引き出せたなら、

シリュウは気配や殺気そのものを見えなくして、感じ取る事をできなくさせたりしそうですよね。

どんな能力を持ったとしても、素の戦闘能力の上にそれがプラスされるので、能力者となった事自体が脅威的ですね。

まとめ

デボンが死んだと発言しましたが、ワンピースはそう簡単に死亡者を出さないと思いますので、アブサロムの復活はあると思います。

モリアは、黒ひげの縄張りに殴り込んでまでアブサロムのことを心配していました。

もしかしたらモリアがアブサロムのことを復活させる事もありそうです。

今回の記事ではアブサロムの死亡について紹介しました。

お忙しい中ここまでの一読本当にありがとうございました。