「鬼滅の刃最新話」195話  禰豆子が半分人間に!?

今回195話のタイトルは「めまぐるしく」です。

無惨の体に傷が無数に現れました。

炭治郎はその傷が無惨の急所だと勘付きました。

この急所が無惨を倒すキーになりそうですね。

今回の記事では鬼滅の刃 195話を予想して紹介していきます。

無惨の傷

無惨は縁壱と初めて会った時の事を思い出しました。

初め、あの男は弱く見えていた

覇気、闘気、憎しみ、殺気すらもない

そのような男が私の頸をはねて、斬り刻むなど

さらに、その傷が何百年物語に太陽の光で私の肉、細胞をやき続けるとは

さらに彼は思います。

本当の化け物はあの男であって

私ではないのだ

無惨に攻撃する炭治郎

傷を隠す力が無いみたいだ

確かに無惨は弱くなっている

無惨を追い込むことが出来たと彼は思いました。

俺は必ず倒す、最後までやり遂げるんだ

その時、炭治郎は無惨の体を見て思います。

傷が動いているぞ!

きっとその傷に心臓や脳があるんだ

なんとかしようと考えを巡らせました。

無惨に呪符を付けた鴉が知らせにきました。

これを聞いて、無惨は炭治郎とは逆方向に動きます。

炭治郎はすぐさま、伊黒に知らせる。

伊黒さん無惨が逃げた

なに、走っただと

無惨の終わり

しつこいぞ

いつまでも、いつまでも

どくんだ、私の道を塞ぐな

そう無惨が思っていた時、無惨は息切れしている事に気がつく。

体力の限界が近づいてるだと? 

この私の肉体に 

一方、禰豆子は?

禰豆子が見つめる先には街が見えます。

片目を手で覆いながら彼女は走りました。

そして、その手を外し見えたのは人間の目でした。 

その目から涙が、、、、、

この時禰豆子は半分人間に戻っていました。

最後に

息切れなど考えられなかった無惨の肉体。

ですが、無惨は珠世の作った老化薬の影響で体力が限界にきています。

この追い風に乗り、炭治郎は無惨を倒す事ができるかもしれません。  

一方 禰豆子

彼女がいつ来るんだろう、と思っていた方々は多いと思います。

そして、薬の効果で半人半鬼になっていました。

もしこのまま、人間に戻ってしまったら戦えないですよね。

ただ、半分鬼なので、まだ戦えそうな感じはします。

そして、禰豆子は涙を流していました。

なぜ涙を流していたのでしょうか?  

何か理由がありそうですし、無意識に涙を流していたのかもしれないです。

とりあえず禰豆子の到着により戦況が変わると思うので、これからが本番かもしれません。