壮絶!ハンコックの過去は奴隷だった?背中のマークが奴隷の印!?

ワンピースの作中でもトップクラスのかわいさと人気をハンコックは誇っています。

そんなハンコックには壮絶な過去があります。

それは、ハンコックが天竜人の奴隷だったという過去です。

ハンコックの背中のマークに刻印された印と深い関係があると思います。

今回はハンコックが天竜人の奴隷だった過去と背中のマークを解説し、紹介していきます。

ハンコックの背中のマークは天竜人の奴隷の印なの?

ハンコックの背中には、あるマークが刻印されていました。

そのマークとは天竜人のエンブレムで、「天かける竜の蹄」という名前がついていました。

このマークを天竜人に刻印されてしまった者は、人間以下の存在であると認識されます。

つまり、このようなマークを持つものは、天竜人の奴隷である証拠です。

ハンコックの姉妹であるマリーゴールドとサンダーソニアのも同じマークが刻印済みです。

このマークが背中に刻印されているということは、 ハンコックは過去に奴隷であったという過去を背負って生きていく、ということになりますね。

現在ハンコックは、女々島の嬢王を担っていて、島を支配する権力者の地位になります。

ですが、もしハンコックのこの奴隷の印が刻印されている背中を島の人間に見られてしまえば、奴隷であったハンコックの過去が分かってしまいます。

そうなると、人の上に立つ嬢王の地位を失い、奴隷であった時代に戻ってしまうと恐怖を抱いています。

ハンコックが奴隷だった過去は?

ハンコックは、過去に天竜人の奴隷として過酷な生活を強いられていたという想像を絶するトラウマを抱えています。

天竜人は、自分たちと人間を差別化し、自分たち以外を下級な存在と捉えていました。

そのため、当時12歳であったハンコックも、航海中に天竜人に捕われる奴隷として扱われていました。

この時に受けた過酷な生活の影響で、男性は凶悪で卑劣な生き物だというイメージを植え付けられてしまいます。

これが、女々島が男性の入国を禁止している要因になります。

なので、天竜人によって奴隷である証を刻印されてしまったハンコックは奴隷であった過去と向き合いながら生きていかないといけないのです。

嫌な過去ですね。

ハンコックを天竜人の奴隷から解放してくれた人は?

奴隷として天竜人に、ハンコックは過酷な生活を強いられていました。

ですが、ある一人の男が聖地マリージョアに乗り込んだことにより、解放されることになりました。

その男の名前が、冒険家のフィッシャー・タイガーです。

タイガーは、天竜人達が自分たち魚人や人間を奴隷として扱っていることにたった一人で立ち向かい、解放へと導いたまさに英雄です。

タイガーは、解放した奴隷に刻印された奴隷の象徴である「天を翔ける竜の蹄」の上から「太陽のシンボル」を刻印することで、奴隷であった者とそうでない者との区別が出来ないようにして、奴隷であった者を太陽の海賊団へと導きます。

ハンコックの背中のマークにネットの声は?

「背中の印のことを話して泣いているときのハンコック可愛い」

「奥が深い」

まとめ

ワンピースのキャラは、ハンコックの他にも悲惨な過去を背負っている人物が多いと思いますが、ハンコックの奴隷の時の過去はその中でもかなり酷いですね。

フィッシャー・タイガーに感謝です。

背中のマークは、過去に天竜人の奴隷であったことを象徴するもので、一生向き合っていかないといけない

ただ、ルフィに対する好意を観ているとなんか安心しますね。

お忙しい中ここまでの一読本当に有難うございました