「鬼滅の刃」 鬼舞辻無惨が鬼になった理由は何?生い立ちや過去は?

この漫画を読んでいると、いまだに謎が包まれた男・鬼舞辻無惨について不思議に思う人も少なくないと思います。

今回の記事ではタイトルにもあるとおり

鬼舞辻無惨が鬼になった理由

鬼舞辻無惨の生い立ちや過去

などを考え紹介していきます。

鬼舞辻無惨とは?

千年以上前に、一番最初に鬼になったひと喰い鬼。

主人公の炭治郎にとっては家族を惨殺され、禰豆子を鬼へと変貌させた仇敵になっています。  

その血は人間を変える事が出来て、鬼にさらに血を与えると力が増強されます。

この能力を持つのは、無惨ただ一人になります。

ですが、配下を誰も信用しておらず、もし無惨に関する事を喋ったり、名前を口にしただけでも、その身が滅び去ってしまう呪いが、配下全員にかけられています。

鬼舞辻無惨が鬼になった理由

鬼舞辻無惨といえば、青白い肌をした若い男性のような鬼になります。

しかしその実、千年以上も前に鬼になった、鬼の原種です。

普段は人間界に溶け込み、隠れ忍んで暮らしています

なんと彼は姿や形を自由自在に変えることが出来ます

さらに変化した先では、周囲の人物に「昔からいた」

ように錯覚させる事が出来ます。

この能力を上手く使い、良家の女性の家族になりすましたり、鬼殺隊から隠れたりしています。

この能力の他にも、鬼舞辻無惨は「血を使って人間を鬼にする」事が出来ます。

つまり鬼舞辻無惨さえ倒せれば、鬼がいない世界になります。

では何故はどうやって鬼になったんでしょうか?

それは、医療ミス!?

鬼舞辻無惨が人間の頃は、医者から「二十歳になるまでに死ぬ」と宣告されました。

病弱だったのです。

そんな彼が少しでも長く生きられるように、と力を尽くしてくれた医者がいたのです。

そんな彼は鬼舞辻無惨に新薬を投与しました。

ですが、それは試作段階です。

鬼舞辻無惨の体調は改善されなく、そのことで鬼舞辻無惨は怒り鬼舞辻無惨は医者を殺害しました。

その後すぐに薬の効果が出ました。

その効果が鬼になるというものです

強靭な肉体を手に入れ、健康になれたものの、日光の下には出れず、人肉を食べる鬼と変貌していました。

彼もなりたくて鬼になったわけではなく、医者により鬼にされてしまいました。

そのため、鬼に対して増やしたくも無い同類と言っていて、鬼に対して負のイメージ、感情を持っています

鬼舞辻無惨の過去と生い立ち

そんな鬼舞辻無惨ですが、人間のときは比較的恵まれた家庭でした。

時代は平安時代。

貴族階級の家庭に生まれており、屋敷に住んでいたのですが、病弱で、医者に鬼にされます。

人間を欲してしまうところは、人間を食べればおさまりますが、昼間に外に出られないということは鬼舞辻無惨にとって耐えがたかったみたいです。

そして、鬼舞辻無惨は医者が自身に投与した薬(青い彼岸花)の調合方法を調べ、探し始めます。

日本中を探し、増やした鬼を使っても生息地も栽培法も一切分かりませんでした。

そもそも青い花さえ分からずに時間だけが過ぎていきました。

そして、鬼滅の刃の時間軸へとつながりました。

まとめ

今回の記事では鬼舞辻無惨が鬼になった理由や鬼舞辻無惨の生い立ちや過去

などを紹介しました。

医者の薬を投与され鬼になった

昼間でも活動できるように、1000年ほど方法を探し続けた

鬼舞辻無惨さえも悲しい過去があったのです。

それを知ってからまた鬼滅の刃という作品を見るとまた何か違った感情が湧いてきますね。

青い彼岸花についても今後何か情報が出てくるのか?

気になります。

ここまでの一読本当に有難う御座いました。