「ワンピース」 コビーは強いの?     Dの一族?

 

コビーの強さ

海軍大将まで上り詰めたコビーがどれだけ強くなったのか考察します。

海軍大将を筆頭に強い海軍ほど悪魔の実の能力者だったりします。

結論から書くと、コビーはかなり強くなっていると思います。

海軍大佐まで昇格してることからも分かるように、コビー笑えるぐらい強化されています。

コビーがここまで強くなった理由は、ルフィの祖父である海軍の英雄・ガープかは直々に修行してもらったことが大きいです。

ガープはおすすめジジイキャラにも選んだことがありますが、非常にガサツで暴力的でありながら教えるのが上手いです。

このガープの手ほどきもあって、コビーはヘルメッポの同様に成長します。

ここで気になるのが「背景の満月」も気になります。

満月とDの一族には関連性があると考察されていて、 もしかするとコビーもDの一族と何かしらの関係がありそうです。

コビーは六式や覇気はマスターしている?

当初はアルビダにすらフルボッコにされていましたが 現在のコビーはシンプルに殴り合いが光りそうです。

例えば、ルフィと再会した場面では、既にコビーは六式の剃をマスター済みです。

不意を突かれた感はあるものの、ルフィ相手にコビーは一発ケリを入れることに成功しています。

コビーが披露した六式は直前でCP9によって初めてお披露目された技でしたので、コビーの成長に誰もが驚いたはずだと思います。

そして、コビーは見聞色の覇気をマスターしています

コビーはDの一族?

コビーの正体がDの一族説を考えていきます。

そこで思い出されるのが、やはりマリンフォード頂上戦争の「海軍大将・赤犬」とのバトルです。

当時海軍大将だった赤犬サカズキは白ひげ打倒後も海賊との戦いを続けます。

白ひげやエースを次々と撃破して海軍的には勝利を掲げても良かったのですが、戦いを継続すればするほど仲間の海軍兵士たちは死んでいきます。

海軍兵士も一人一人に愛すべき家族がいます。

それに対して、コビーは一人の人間として強い違和感を覚えました。

「命がもったいない。目的はもう果たしてるのに、戦意のない海賊を追いかけ、止められる戦いに欲をかいて、今手当すれば助かる兵士を見捨てて、今から倒れていく兵士たちはまるでバカじゃないですか!」と赤犬に詰め寄る名シーン。

そして、この場面でコビーはルフィと同じように「万物の声」が聞こえてることが発覚しました。

万物の声が聞こえるのは、ルフィやゴールド・ロジャーなど限られたDの一族だけです。

しかし、ビックマム海賊団のシャーロット・カタクリを筆頭に、見聞色の覇気は未来予知や人の心を読むことも可能です。

そのためコビーがDの一族というよりも、見聞色の覇気が極まっただけと評価できそうですね。

コビーは海軍大将になる!?

結論から、コビーは海軍大将になると予想します。

コビーはウォーターセブンでルフィとの再会した時に「海軍大将になる」と高らかに宣言しました。

ワンピースの作者は無意味にこんなことをキャラに言わせないです。

ワンピース内の海軍階級も「大佐→准将→少将→中将→大将」というランク付けであることから、海軍大将までの道のりも意外と現実的です。

自分も最初はそれはないと軽く聞き流していた考察ですが、これまでのコビーの歩みや伏線の回収っぷりを見る限り、むしろコビーが海軍大将にならない未来が見えないくらいです。