小さき可愛いハンタークロシアネコ!生息地は?狩りのやり方は?「Twitterで話題!」

 

皆様は猫が好きですか?

あのツンデレの時の可愛さと、獲物を狩る時のギャップがたまりませんよね。

犬と猫、狩り!と言えばどちらかというと猫を想像するのではないでしょうか?

今回はこのクロシアネコの生息地や狩りのやり方を紹介していきます。

クロシアネコの生態

カラハリ砂漠の半砂漠地帯やサバンナ地帯が主な生息域です。

夜行性で夜に活動するため、滅多に見られません。

日中はトビウサギやツチブタが掘った巣穴や、岩や低木の陰、シロアリの塚に隠れています。

その小さなサイズのため、クロアシネコは主にネズミや小鳥や爬虫類、昆虫などの小動物を捕食しますが、

時には自分の体重よりも重いハジロクロエリショウノガンやケープノウサギを捕まえることもあるそうです。

餌に占める昆虫やクモの割合は1%にも満たないです。

クロアシネコは少しでも人間が近づくと逃げようとするシャイな動物ですが、追い詰められると獰猛に反撃します。

このような習性から南アフリカでは「アリ塚のトラ」と呼ばれています。

カラハリ砂漠に住むサン人の間では、クロアシネコは非常に勇敢な動物とされ、キリンの頸静脈を狙って襲うという伝承があります。

通常は11 – 12月に繁殖しますが、5月まで出産が確認されています。

妊娠期間は63 – 68日で、一度に1 – 2頭の幼獣を産みますが、最大で4頭産むこともあります。 

子猫は5ヶ月齢ほどになると自立するが、しばらくは親の行動範囲の中に留まります。

1年ほどたつと、メスは約10km2、オスは約22km2ほどの縄張りを持つようになり、1匹のオスの縄張りが1 – 4匹のメスの縄張りと重なっています。

しかしクロアシネコは極めて単独性が強く、繁殖期もオスとメスは5 – 10時間ぐらいしか一緒に過ごさいのです。

これは生息地に獲物となる動物が極めて少数しかおらず、一緒にいると食料が不足してしまうからだと考えられています。

クロアシネコは狩りのために一晩に8kmも移動するためエネルギー消費は非常に高く、一晩に250gもの肉を食べます。

Twitterでは

上にもあるとおりクロシアネコは絶滅危惧種らしく、

買う事はできないです。

絶滅危惧種の理由は生息している南アフリカなど砂漠地帯が多いので餌となる生き物が少なく、生息地の減少が生息数の減少になっていると考えられています。

アメリカの動物園で飼育されているようなので、これからが楽しみです。

まとめ

今回は世界最小の猫、クロシアネコを紹介しました。

いつか絶滅危惧種じゃなくなる時に飼いたい猫です。

一度見てみたい方はアメリカの動物園に足を運こんでみてはどうでしょうか?

ここまでの一読本当にありがとうございました。