「ワンピース」    光月モモの助の正体

 

光月モモの助の正体

光月モモの助はワノ国・九里の支配者光月おでんの息子で、光月家の後継者です。

光月モモの助はクーデターが起きたワノ国を離れて、

錦えもんたちと出航しました。

航海中の危険を考え、モモの助を錦えもんの息子と偽りました。

これからのワンピースの中で重要な鍵を握る人物だと言われていました。

何故ゾウを目指す?

ワノ国の侍で赤鞘九人男の錦えもんは、

追手に追われているにも関わらず、モモの助を連れて

ゾウを目指しました。

その航海にはモモの助の他にカン十郎と雷ぞうも一緒

にいますが、まだ8歳の子供であるモモの助を、

何故危険な航海には連れてきたのか?

錦えもんは、誰に追われているのかを話していないですが、最初はゾウを目指して出航したそうです。

追手から追われるような航海に、モモの助は足手まといだも思います。

それなのに同行するのは、何か目的がありそうです。

元王下七武海のドフラミンゴや百獣海賊団のジャックもモモの助を追っていました。

カイドウとモモの助

四皇の一人、カイドウとモモの助の関係を見ていくと

カイドウは黒炭のオロチと共にワノ国を征服し、

光月おでんと妻のトキを処刑します。

モモの助にとってカイドウは父と母の仇ですね。

光月おでんは伝説の海賊王ゴール・D・ロジャーと共にラフテルで世界の秘密を知ります。

カイドウは光月おでんが知った世界の秘密を聞き出そうとしますが、

結局おでんを妻のトキと共に処刑します。

カイドウは次にモモの助を付け狙うようになります。

そこを赤鞘九人男の錦えもんがモモの助をワノ国の外へ逃がします。

ドフラミンゴが狙うわけ

元王下七武海の一人、ドフラミンゴもモモの助を狙っていました。

モモの助たちが一行がワノ国に向かう途中、ドレスローザに漂着した時、モモの助をパンクハザードに監禁します。

ドフラミンゴがモモの助を狙うのは、

カイドウの指示です。

モモの助は死んでいる?

漫画ワンピースでは、モモの助と錦えもんたち家臣の

墓が並んでいるシーンがあります。

このことからモモの助は、ワノ国がカイドウに襲われた時に父・光月おでんや母・トキと共に死亡。

それで年を重ねることがなかったという事です。

トキトキの実はどこにある?

光月モモの助をタイムスリップさせたトキトキの実、

現在どこにあるんでしょうか?

カイドウの手に渡った可能性もありますが、

現在どこにあるか不明です。

人造悪魔の実を食べた副作用

ここから光月モモの助が食べた人造悪魔の実について書いていきます。

ワンピースのパンクハザード編で、光月モモの助はベガパンク製の人造悪魔の実を食べます。

その結果、ピンクの龍に変身できる力を手にいれます

最後に 光月モモの助はルフィの仲間になる?

光月モモの助の正体は、ワノ国の支配者・光月おでんの息子で、実際の年齢28歳くらいです。

20年前、カイドウのクーデターによって父と母を処刑された時、

モモの助は20年後の世界にタイムスリップしました。

20年後のワノ国はカイドウと配下の百獣海賊団が支配する国になります。

モモの助は父と母の仇を討つためルフィと手を組み、

今後、モモの助がルフィの仲間になるかもしれない、という声が挙がっています。