アンデットアンラックとは?出雲風子や不死のアンデット男について

アンデットアンラックとは?

アンデットアンラックは週刊少年ジャンプ2019年19号に読み切り掲載された競走馬漫画です。

作者は戸塚 慶文です。

2013年には「宇宙観光シーアーク」で、

JUMPトレジャー新人漫画賞の準入選に輝きました。

出雲風子

アンデットアンラックには出雲風子が登場します。

出雲風子は10歳の頃から、不思議な力がありました

それは触れたり、触れた相手が不幸になる、という

力です。

訪れる不幸の大きさは風子に接する面積の大きさによって変わり、

小さな怪我で終わる場合、事故に巻き込まれて大怪我をしてしまう場合もあります。

周りを不幸にしてしまう力を持った出雲風子は、

自責の念にかられ、ある、自殺しようとします。

不死のアンデット男

不死のアンデット男とはアンデットアンラックに登場する人物です。

自殺を決意する出雲風子の前に、

不死のアンデット男が現れました。

その不死のアンデット男はどんなことが起きても死なない不死の力があります。

そして、その不死のアンデット男も出雲風子同様に、

そんな自分に嫌気が差していました。

出雲風子の人を不幸にする力に目をつけたアンデット男は、「その力を利用すれば自分が死ねるのではないか」 

と考え、出雲風子と行動を共にするようになりました

最初は邪険にしていた出雲風子でしたが、

ぶっきらぼうな中どこか優しさを感じるアンデット男に徐々に心が惹かれていきます。

否定者を探す組織

出雲風子は、運を否定する者で、

アンデット男は死を否定する者です。

アンデットアンラックには、そんな否定者を探す謎の組織が新しく現れます。

彼らは否定者達の力を高く評価していて、

「これまで差別してきた無能なやつらを根絶やしにしよう」と提案します。

果たして、出雲風子とアンデット男の決断は?

最後に

以上アンデットアンラックについて紹介していきました。

アンデット男の美容師設定、

体に刻まれた1865という数字

否定者とは?

謎の組織の目的は?

気になりますね。

アンデットアンラックは設定が面白く、

何らかのチャンスで人気になりそうな予感がします。

しかし、アンデットアンラックに登場する不死は無敵すぎて、戦いの緊張感がなくなりそうで、

心配です。

そういうのも含め、アンデットアンラックにはこれから注目していきたいですね!!。