「ワンピース」    ゾロがワノ国編で死亡?

ワンピースの有名な噂の中の一つにゾロが死亡する、というのがあります。

ワノ国でゾロが死亡すると囁かれています。

その死亡説や、ゾロは本当にワノ国で死亡してしまうのか?

今回はそれについて触れていきます。

ゾロが死亡するのは鬼徹の呪い

ゾロが死亡するという噂が出たとされる一番の理由がゾロの刀「鬼徹の呪い」です。

ローグダウン編で店主の「いっぽんマツ」が

「名だたる剣豪たちがその鬼徹を腰にしたことで、

悲運の死を遂げた」

「今となっちゃ、この世に鬼徹を使っている剣士は1人もいねえ」

「例え知らずに使ったやつでも、この世からいなくなるからだ」

と言っていました。

このことにより、いずれはゾロが死亡してしまうのではないか?と考えている方々もいます。

ゾロが死亡するのはルフィがパワーアップするための振り

ゾロの死亡説に挙げられている理由の二つ目は、ルフィがパワーアップするためのきっかけ、

という説になります。

1度目はクザンに負けて仲間を守れなかったとき、2度目はエースを守れなかったときにパワーアップしていました。

しかも今の実力ではカイドウを完全に倒すのは、

出来なさそうですよね。

結論 ゾロは死ぬのか?

ゾロはワノ国編で死亡しません。

その理由として、ゾロは敵の中の中ボスを倒したり、

仲間のピンチを救ったりと、

物語の途中で死ぬようなキャラには思えないからです

また、ゾロのセリフを見ても

「たとえ普通は気絶するほどの傷でも俺は倒れちゃいけねえ」

「普通じゃねえ鷹の目にかつためには普通でいるわけにはいかねえんだ」

二度と負けねぇから!!

このように必死で生きてやる!という情熱が感じられます。

まとめ

ゾロ死亡説が噂されていますが個人的には嫌ですし、

ルフィがパワーアップするのに、もう仲間の死は必要

ないと思います。

しかし、ワンピース後半に差し掛かっているので、

エースの時みたいになるのが、一番怖いです。