「鬼滅の刃」    1月15日     主要キャラター生存と死亡確認    現在の章は?

鬼滅の刃の主要キャラクターの生存や死亡、最新の状況等を書いていきます。

※1月15日に書いた記事です。

ネタバレ注意です。

最近の章では、、

189話で愈史郎の治療と伊黒の痣が発現した

189話では、愈史郎の猫が登場し、無惨の毒を緩和する注射を投与しました。

一時的な症状の緩和とはいえ、無惨と少しでも長く戦えました。

さらに、伊黒が痣を発現させたばかりか、

鬼に有効な赫刀まで出すことに成功しました。

ここから逆襲ですね。

188話で甘露寺が瀕死、伊黒 死ぬ可能性?

甘露寺が無惨の攻撃を受け瀕死になり、

さらに、甘露寺の命を守ろうとする伊黒の回想が始まり、死ぬかもしれない?展開になりました。

185話で柱3人が無惨の攻撃を受ける

無惨の攻撃を受けてしまう義勇、伊黒、甘露寺。

呼吸でなんとか血の浸食を抑えている状態なのですが

甘露寺は血の浸食が速く動けなくなってしまいます。

 

184話で炭治郎が無惨の血に浸食 

鬼滅本誌の184話で、無惨の攻撃を目に受けた炭治郎が、その傷口から無惨の血に浸食され瀕死になります

生死は不明となっています。

竈門炭治郎

生死は不明です。

無惨戦で右目に攻撃を受け潰されました。

さらに、その傷口から無惨の血による毒の浸食が、

進み瀕死となります。

竈門禰豆子

生存しています。

人間に戻る薬を投入されたあと「とある場所」に潜伏中でしたが、炭治郎の危険を察知して炭治郎の元へ向かいます。

 

我妻善逸

生存しています。

上弦の陸・獪岳戦で勝利しました。

獪岳から受けた斬撃でヒビ割れして、治療中です。

嘴平伊之助

生存しています。

上弦の武・童磨戦で勝利しました。

身体中に傷を負いましたが、軽傷です。

冨岡義勇

生存しています。

上弦の参・猗窩座戦で勝利しました。

現在は無惨と交戦中で、無惨から毒攻撃を受けましたが、愈史郎の薬により一時的に回復しました。

煉獄杏寿郎

無限列車にて、猗窩座と戦い死亡しました。

炭治郎や善逸、伊之助たちに成長を促す言葉を遺し、

大きな影響を与えました。

宇髄天元

柱を引退しました。

元上弦の陸・墜姫と妓夫太郎戦に勝利しました。

戦闘に左目と左手を失い、

今は音柱を引退して鬼殺隊士の訓練を行なっています

時透無一郎

上弦の壱・黒死牟戦で、胴体を両断され死亡しました

最後まで黒死牟を食い止め、

勝利へと貢献しました。

胡蝶しのぶ

上弦の武・童磨戦にて喰らわれて死亡しました。

しかし自身に仕込んだ毒を見舞い、

童磨を瀕死にさせました。

甘露寺蜜璃

生存しています。

鳴女との戦闘を終え、無限域から脱出し、

無惨と戦闘中です。

無惨から攻撃を受け、かろうじて生きているものの 

致命傷となりました。

伊黒小芭内

生存しています。

鳴女との戦闘を終え、無限域から脱出し、無惨と戦闘中です。

愈史郎の薬により無惨の毒から一時的に回復しました

不死川実弥

生存しています。

上弦の壱・黒死牟戦で勝利しました。

指を切り落とされましたが、

戦闘は出来ます。

無限域崩壊後、無惨戦へと合流しました。

悲鳴嶼行冥

生存しています。

上弦の壱・黒死牟で勝利しました。

無限域崩壊後、無惨戦へと合流しました。

不死川玄弥

上弦の壱・黒死牟戦にて、身体を両断され瀕死になり

最期は鬼のように身体が崩れていき死亡しました。

 

栗花落カナヲ

生存しています。

上弦の武・童磨戦で勝利しました。

彼彼岸朱眼を発動し、右目がほぼ失明しますが、

他は軽傷です。

産屋敷耀哉

産屋敷を襲撃した鬼舞辻無惨を巻き込んで、屋敷ごと自爆し死亡しました。

珠世

産屋敷を襲撃した無惨へ、人間に戻る薬を投入して抑えこみます。

そのまま無惨の屋敷へとおちていき、 

復活した無惨に頭を潰されて死亡しました。

愈史郎

生死不明です。

無惨の屋敷に突入した鬼殺隊士の中に紛れこみ、

鬼殺隊の治療をしながら珠世を探しています。

瓦礫の下に埋まっていますが、

猫を操っていることから生存の可能性は高いですね。

鱗滝左近次

生存しています。

とある場所で、人間に戻る薬を投入した禰豆子を看病しながら守りますが、

覚醒し炭治郎のもとへと禰豆子は駆け出して行ってしまいます。

鋼鐵塚蛍

刀鍛冶の里で重傷を負いますが、生存しています。

産屋敷輝利哉

生存しています。

亡くなった父の耀哉に代わって、

無惨屋敷での鬼殺隊突入作戦を主導しています。

続いて鬼側を紹介していきます。

鬼舞辻無惨

生存しています。

産屋敷を襲撃した際に、反撃で受けた傷を回復させるために潜伏していたのですが、

完全に回復しました。

異刀へと姿を変え、柱全員を相手にして戦闘中です。

黒死牟

悲鳴嶼、不死川兄弟、時透との戦いで頸を落とされます。

なおも再生しますが、

自分のおぞましい姿に絶望し、亡き弟・縁壱を想いながら消滅しました。

童磨

毒を仕込んだしのぶを喰らったことで弱体化して、

最期はカナヲと伊之助により頸を斬られ死亡しました

猗窩座

義勇と炭治郎と戦い頸を斬られますが、復活しました

しかし大切な人との回想を経て、

自ら消滅することを選びました。

鳴女

愈史郎が乗っとり無限域を操作しますが、

防ごうとする無惨によって処理されました。

半天狗

刀鍛冶の里を襲撃するが、炭治郎たちに討伐されました。

玉壺

半天狗と共に刀鍛冶の里を襲撃しますが、

時透により討伐されました。

獪岳

無惨の屋敷で鬼殺隊の前に立ちはだかりますが、

激昂した善逸により討伐されました。

堕姫・妓夫太郎

遊郭を調査しに来た、渦髄天元と炭治郎たちにより討伐されました。