「鬼滅の刃」    禰豆子が口につけている竹は何? 禰豆子の能力は?

今回は鬼滅の刃に登場するヒロイン的存在のねずこについて注目していきます。

禰豆子が口につけている竹や能力を紹介していきます。

禰豆子とは?

名前:竈門禰豆子

年齢:12歳→14歳

家族:現在は兄の炭治郎のみです。

声優:鬼頭明里

主人公である炭治郎の妹です。

兄同様にとても優しい性格です。

炭治郎と協力して、幼い兄弟たちの世話をしています

家族を鬼に殺されて、ねずこ自身も殺されるはずでした。

鬼の血を受けてしまったことにより、「鬼化」になりました。

ねずこが口にくわえている竹は何?

禰豆子は、基本的にはいつも竹筒をくわえて行動しています。

その理由は鬼は、基本的に人間を食べるからです。

ねずこも鬼になったばかりの時は、兄である炭治郎を襲っていました。

ですが、炭治郎は必死に何とか説得したり、傷つけないように頑張った結果として、人を食べる衝動をコントロール出来ました。

まぁ、義勇さんが炭治郎を気絶させたことで、ねずこの潜在意識に働きかけたのが人を食べる衝動を抑えられた可能性もあります。

その時に、義勇さんが人を食べないように、とりあえず、禰豆子の口に竹を噛ませました。

その後は、奇跡的に鬼としてありえない睡眠を取るようになり、人間を襲う衝動はほぼ抑える事が出来ます

禰豆子が鬼になりたての頃は竹筒は必要でしたが、鬼から人を守るようになった今、徐々に竹筒は必要なくなります。

一応禰豆子は鬼ですし、血を見たら少し鬼としての衝動が出るわけですし。

竹を噛ませているのは保険のためではないでしょうか。

他の理由は、鬼特徴である牙を隠すため、という理由もあります。

ねずこの能力や強さ

禰豆子の強さですが、鬼は人間を食べて生きる存在なので、鬼という時点で普通の人間と比べたら、とてつもなく強いです!。

訓練する前の炭治郎も、あわや食われかねないほどに圧倒されていましたからね。

さらに、禰豆子は鬼化の際に浴びた血の量が多かった事もあり、若い鬼にしてはそこら辺の鬼よりも強いと思います。

おまけに、鬼基本死にません。

最強ですね。笑

ねずこの技

爆血

禰豆子自身の血を爆発させて、相手を燃やしたり爆発させたりする、荒技です。

累と対峙した時などに爆血を使っていました。

この爆血は高威力で、禰豆子の必殺技のような感じがします、、、感じがします。

また、この能力を人間に使うと、鬼から受けた攻撃や毒などを解除することも可能です。

攻撃も守りにも使えるのはメインの技になりそうですね。

       

基本的には蹴り

ねずこは基本的蹴りで相手を攻撃しています。

威力は鬼の頭がとれる程です。

爆血刀

炭治郎の刀に禰豆子の血を塗り燃やした刀で敵を攻撃しています。

半天狗と対峙した時もこの技を使っていました。

かっこいい技ですが、今のところあまり使っていないようです。

ねずこの体格変化とは?

これは鬼なら基本的に使える能力になります。

体の大きさをある程度変化させる事が出来ます。

ですが、炭治郎がピンチになると大人のような姿になり助けます。

しかし、大人になった姿は鬼化を進めた状態で一種の覚醒状態になるので、本人の自我が失われる事もあります。

且つ、人食い衝動に駆られたりします。

まとめ

禰豆子が竹筒を口に付けている理由としては、人を食べないための保険としてある意味「枷」を付けている感じではないでしょうかね。

竹筒をくわえさせたのは冨岡さん。

そして、禰豆子の能力や強さに関して、普段のかわいらしい感じからは想像しにくい、とてつもない強さがあります。

作中でも強キャラと言われる相手を倒したり、善戦したりとかなり活躍していますね!!

是非皆様も調べてみて下さい!。