「ワンピース」    シャンクスの左目の傷。       黒髭につけられたのはいつ?

異名にもなっている「赤髪」と共に、海賊旗にも刻まれる「左目の三本傷」が印象的な大海賊です。

シャンクス自身も「疼く」と言っているその左目の「三本傷」   

それをつけた犯人は分かっています。

白髭海賊団に所属していた頃の黒ヒゲマーシャル・D・ティーチです。

そしてその武器は左手に備え付けた「鉤爪」。

では、その傷はいつ頃つけられたのでしょう。

その時期について触れていきます。

白ヒゲ海賊団旗揚げの時からある?

まずこの三本傷は、シャンクスが「赤髪海賊団」を結成して、海賊旗を掲げた時にはすでにあったモノだと思います。

海賊旗に刻まれている三本傷がその証拠です。

明確な旗揚げ時期は不明です。

しかしシャンクスが「22年前」に東の海「シロップ村」を訪れた時に、海を眺めていたヤソップはシャンクスの船を見て言った事があります。

「何だ珍しいな度の船か?」

つまり、その船に海賊旗は掲げてなかったのでしょう。

この後に「赤髪海賊団」を結成する事になるのか?

25年前はまだ傷はない?

第958話約束の港の冒険の回想シーンに、まだ傷のないシャンクスが登場しました。

↑の画像は約「25年前」です。

ロジャー海賊団がラフテルに到達した後の描写だと思われています。

つまり、ロジャー海賊団の見習いの時には、まだ黒ヒゲに傷を付けられていなかった、という事になります。

シャンクスと黒ヒゲの接触機会は?

ヤソップを勧誘しに行った時の船にはドクロは掲げられていません。

つまり赤髪海賊団の最初のクルーはヤソップで、もしこの後すぐに海賊団を結成したなら?   既にシャンクスの顔の傷はあるんでしょうね。

シャンクスの左目の傷が付けられたのは「25年前〜22年前」の三年間の間に絞られそうですね。

黒ヒゲが常に白ヒゲの船に居たとすれば、ロジャー海賊団でもなく、海賊として旗揚げしてもいないシャンクスと対峙する機会は中々なさそうですね。

しかしもし、黒ヒゲが度々白ヒゲの船を離れ単独行動をしていたなら、いつでもシャンクスと対峙する機会がある事になって「22〜25年前」の間に出会った可能性はありますね。

今後、2人の過去、展開が楽しみです。