「鬼滅の刃」   炭治郎の父親の竈門炭十郎は鬼殺隊?  耳飾りや竈門家の習わしについて触れていきます。

竈門炭治郎の父親は竈門炭十郎です。

竈門家は、母の葵枝と炭治郎、妹・禰豆子の他に弟や妹が4人の7人家族です。

父親の竈門炭十郎は既に亡くなっています。

竈門炭十郎は鬼殺隊

では、竈門炭治郎の父親、竈門炭十郎は鬼殺隊なのか? 残念ながら確かな情報はないです。

しかし、体の弱かった竈門炭十郎が鬼殺隊に入隊は考えにくいです。

炭治郎に耳飾りや神楽を継承させた?

父、竈門炭十郎は「耳飾りと神楽を途切れず継承させるように」と息子・竈門炭治郎に言いました。

そのシーンで、竈門炭十郎の耳にも炭治郎がつけている耳飾りを確認する事が出来ます。

竈門家の習わしとは?

竈門炭治郎によると代々炭焼き職人を輩出してきた竈門家。

年初にはヒノカミ様を祀って舞を踊るのが習わしになっていました。

この舞を使って敵からの襲撃を逃れていました。

彼の記憶ではヒノカミ様に舞を捧げる父・炭十郎の姿を見て、あんなに息が続くのは何故だろうか?と疑問に思ったことが技修徳のきっかけとなったみたいです

最後に

父・炭十郎が鬼殺隊だったかどうかは分からなかったです。

しかし、水の呼吸の使い手で鬼退治に関わっていたみたいです。

かっこいいですね。  

なんか鬼滅の刃って美女、美男多いですよね。

皆様も美人だな〜と感じられたキャラクターがいるのではないでしょうか? 

それとも私だけですかね。笑