「進撃の巨人」   ライナー何故二重人格になった?

ユミル巨人に狙われていたライナーは変わりにマルセルが庇った為身代わりとなり、その事で苦しみつづけていました。


これが二重人格になった原因な気がします。

なぜライナーは二重人格になったのでしょう? 

ライナーが二重人格になっている事は原作を読んでいる方はご存知だと思います。


何故二重人格なったのかは明確にされていなかったように感じます。


ですが、100話の「宣戦布告」でその真相が明かされます。


ライナーはマルセルが巨人に食べられた後に我先にと逃げて帰ります。 


その理由は「英雄になりたかった」からだと思います。


褒められたい、認められたい、尊敬されたい、憧れられたい、凄いと言われたいという想いが優先されたのではないのでしょうか。


そしてライナーは島に残り続け、始祖の巨人奪還を目指します。

ライナーのインナーチャイルドが原因か?


ライナーの幼少期は悲惨でした。


母親から虐待され、愛情を貰えなかったと思います。


認められたい思いから、他人より自分を優先する行動をとってしまうのだと思います。


マルセルが死んだ後、自分が英雄になりたい想いを優先させてしまい、その結果、アニもベルも失ってしまいました。


そのせいで自分だけが生き残った事に罪悪感を感じていました。


また壁を破壊して、壁内の人達の命を犠牲にしてしまい、せっかく打ち解けたエレン達との信頼も失ってしまいました。


ただ、その過程でライナーも目の前の人間達を救おうとしてきました。


仲間が巨人に襲われているところを助けたり、本気で巨人を駆逐しようとし、出世しようと思っていた事もあります。


根本の原因は、ライナーの幼少期に原因があり、エネルギー不足、愛情不足に原因があると思いますが、そこが満たされないので、ずっと自分の傷口を癒す為に行動してきたんだと思います。