「名探偵コナン」 アガサ博士が黒幕と言われる理由は?

何度もコナンの作者さんはアガセ博士の黒幕説を否定していますが、黒幕の理由は多いそうです。

理由1

作中でも怪しいアガセ博士 

コミックスの8巻では蘭が「アガセ博士みたいな身近な人が犯人だったら」と言っています。

例え話ですがいきなり博士の名前を出してくるのが、不思議ですね。 

考えすぎでしょうか? 

理由2


コミックス24巻では黒の組織のメンバーピスコが銃を撃つところを運悪く芸能記者のカメラマンに撮影されていました。

そしてこれが翌日の朝刊に載る予定になりました。

この話を聞いたジンがピスコを処分しに行くのですが、、、、

ジンがボスからこの話を聞いたのとほぼ同じタイミングでコナンとアガセ博士も写真に映るピスコの姿に気ずいています。

その後アガセ博士は一人になる時間があったのです。

アガセ博士が黒幕ならば写真の事実を電話で部下に確認する時間があったと思います。

③理由 


映画「天国へのカウントダウン」では、状況を知っていない黒の組織のメンバーが「車で逃げたのは子供とジジイ」と言っています。

アガセ博士が密告すれば納得がいきますね。

黒の組織のメンバ-が求める人は「科学者かつ発明家でプログラマー」という難度の高い条件をクリアしていると思います。

怪しすぎですね。笑


この他にもまだまだ理由があるみたいなので調べていきます。


青山さんは否定していますが、そりゃあまだ答えたくないのでは?と思ってしまいます。
それか私の考えすぎか。笑

「黒幕の名前は既に名探偵コナンの中に登場している」や「意外な人物」という作者さんのコメントを基にこれからも考えていきます。

黒幕じゃないとしても、何か関係していそうです。